アウディの歴史 – エンブレムに隠された4つの輪の由来とは?

スポンサーリンク

プレミアムブランドとしての確立

アウディA1(2010年)

ASF採用と時期を同じくして、アウディは自社のモデル名の再編を開始します。それまでの車格に合わせた不規則な数字による名称を廃し、車格に対応する1桁の数字と、その手前に性格を示すAやSといったアルファベットを置く命名法を採用します。これらはメルセデス・ベンツやBMW、レクサスなどを強く意識したものでした。

またフォルクスワーゲン・ゴルフやポロと同じクラスに、基本設計を共通化しながらも高級感を高めたA3やA1を投入する一方で、ランボルギーニを傘下に置き、技術を共有したスーパースポーツのR8を発売するなど、先行するライバルに先駆けてフルラインアップを揃えたのもアウディが最初でした。

この様な積極的な攻勢に加えてクライスラーとの大合併等でメルセデス・ベンツが失速気味になったことも重なり、アウディのブランドイメージは急激に上昇、一部の販売地域では「ドイツ御三家」などと呼ばれるほどになりました。

一方でアウディはポルシェと合わせて、フォルクスワーゲングループの利益の6割程度を担っており、歪んだ構造だと指摘する声もあります。アウディの今後はフォルクスワーゲンの拡大路線に大きく影響されることでしょう。

>>次ページ
アウディ歴史年表

1 2 3 4 5

この記事へのコメント 2

  • Zenn のプロフィール写真 Zenn より:

    「アウディは4社が合併した会社だからエンブレムは4つの輪」だと人に教えたことはありますが、各々どんな会社だったかは知りませんでした。歴史を紐解くとなかなかどうして、4社どころかドイツの自動車産業が勢揃いする感じですね。とても勉強になって面白い記事です。

    3
  • リリオ のプロフィール写真 リリオ より:

    これだけ有名な会社なのにエンブレムの由来を知りませんでした。勉強になりました!

    0

感想・意見をみんなと共有しよう!!

Kotaro Harakawa のプロフィール写真
writer, medical doctor, JAPAN MENSA member


関連記事

このページの先頭へ

Social Media Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
ツールバーへスキップ