大切な信頼関係が台無しに。。ドイツ人に不評だったお土産10選!

魚介類の干物http://photozou.jp

ドイツ人の得意先や友人に会いに行くときに、せっかくだから日本のお土産を持っていきたいと思っても、文化も好みも違うドイツ人に何を渡せばよいか迷っちゃいますよね。

日本人視点で考えてつい選びがちなお土産で、ドイツの人に実際にあげてみて喜ばれなかったもの、また日本に住むドイツ人に聞いてみて「ドイツ人はそれ、絶対にいらない。」と言われてしまったものを合わせて10個、ご紹介します。ドイツ人に好評なお土産と併せてご覧ください。

お金

まさか「お金」なんて、と思われるでしょうか。でも昔実際に、ドイツのどこかの銀行に勤務する日本人が、得意先のドイツ人にお金をプレゼントしてヒンシュクをかい、ニュースにまでなったことがあるそうです。

日本では、新年のお年玉から始まって、お祝いに、お見舞いに、お悔やみにと、本当に頻繁に現金をプレゼントしますが、これはドイツにおいては信じられないヘンな習慣と思われています。

先の日本人銀行マンの話も、本人は日本の習慣の延長上と考えてのことだったのかもしれませんが、この習慣はぜひドイツには持ち込まないようにしましょう。

日本料理の作り方の本、絵本、情報誌などの英語版

日本に滞在したことがあったドイツ人の方に、何か日本のことを思い出してもらえるようなものを・・・と思い選んだのですが、英語版というのはまずかったです。「外国人だから英語が分かるだろう」なぜかそう思い込んでいる日本人は多いように思います。でも実際には、ドイツ人全員が英語を理解できるわけではありません。

料理本に限りませんが、なにか本、絵本、情報誌のようなものを差しあげるときには、ドイツ語版のものがよいにこしたことはありません。または、全く読めなくてもよいことを前提に選んだ日本語の本のほうが、英語版よりはよいでしょう。

ディズニーグッズ

ディズニーグッズhttps://pixabay.com

ドイツ人に好評なお土産で、日本のアニメや漫画のキャラクターグッズを挙げましたが、ディズニーはアメリカのもの。遊園地は子供のもの。ドイツ人はそう思っています。大の大人にもかかわらず「子供の遊園地であるディズニーランド」に魅せられている日本人がとても多いことを、冷めた目で見ているドイツ人も多いです。

そんなドイツ人に、日本人感覚で喜ばれるのではないかと、ディズニーグッズなど持って行くと、「なぜアメリカのものをわざわざ日本から?それにこれは子供向けなのでは?」と理解に苦しまれることになるでしょう。

寺院のマークがついた製品

清水寺(イメージ)https://commons.wikimedia.org

日本では、仏教のシンボルとして古くから使われてきたかぎ十字のマーク。厳密には「同じではなく似た形」とはいえ、かぎ十字全般がドイツのナチスの党章を連想させるものであることは、ぜひ覚えておきたいものです。

このマークが入った製品を持って行って「これは日本では仏教の幸運のシンボルです」などという説明で意識を変えてもらおうと試みるようなことは、間違っても止めるべきでしょう。公共の場で使う事は法律で禁止されているほどということですから、とにかく見せない、出さないのが無難です。

原材料にマーガリンが使われたクッキー、ケーキ全般

マーガリンを含む食べ物http://gnolly-travelphotos.blogspot.jp

ドイツのお菓子には、風味豊かで味わいもリッチなバターがたっぷり使われるのが一般的、というかそれが当然です。その味に慣れ親しんでいるドイツ人には、バターの代用品としてマーガリンが使われたような日本のお土産品のお菓子全般が、受け入れられません。

また、日本人に人気のあるお菓子は、アメリカ寄りの材料や作り方になっているものが多く、膨張剤に人工的な薬品(ベーキングパウダーのようなもの)が多用されています。ナチュラル思考が強いドイツ人なら自然素材の方がよいと考えるでしょう。また、バターといえば日本では有塩バターのことですが、無塩バターが普通であるドイツ人には、それもおいしく感じない原因となるようです。

ふわふわした食感のケーキやパン類

ふわふわしたバウムクーヘンhttp://photozou.jp

上記の一部にもなるかもしれませんが、日本人が大好きな、極端にふわふわした食感のスポンジケーキやふわふわしたパンの類。これらも全般、ドイツ人には好まれません。

また、ドイツ発祥のお菓子として日本ではとても人気のある「バウムクーヘン」は近年特に、日本各地でご当地お土産品として開発され、抹茶など日本のならではの材料が加えられて、高級感のある見た目とともにお土産好適品とされています。日本人感覚では「これはきっとドイツ人に興味をもってもらえそう」と思えてしまうでしょう。でも、残念ながら日本のバウムクーヘン、不評なんです。

バウムクーヘン自体がドイツのごく一部の地域でしか食べられていないこと、また日本の製品は完全に日本人の嗜好に合わせて作り変えられたものであることから、差しあげても、その場で開けて試食してくれた以外は、手をつけられずに長い間放置されることになってしまい、悲しい運命をたどる確率が高いようです。中途半端な洋菓子は、お土産には向かないということになると思います。

しょっぱいものと甘いものが混じった味のもの

しょっぱい甘いhttps://ja.wikipedia.org

だったら和のもの、日本ならではの食べ物ならいいのか?・・・それもなかなか難しいんです。

日本のせんべい自体は好評なのですが、砂糖醤油で甘じょっぱく味付けしたようなせんべいは不評です。砂糖と醤油を混ぜて煮詰めたときの匂いも、ドイツ人は臭いと嫌がります。

日本では一時期、わざわざ塩を入れた「塩○○」と名前がついたお菓子類が人気でしたが、ドイツ人にとっては「変なもの、まずいもの」以外のなにものでもないようです。このようなものは、選ばないほうがよいでしょう。

ようかん、モナカ

甘いものは大好きなはずのドイツ人ですが、日本のあんこのお菓子の甘さは嫌い、という人が多いようです。

あんこを作る工程で、隠し味に塩も入るからかもしれません。甘いものにうるさいドイツ人の味覚は繊細ですね。

魚介類の干物全般

魚介類の干物http://photozou.jp
日本酒をお土産にするならそのアテに、するめ、さきいかも・・・などと考えてしまう方もいらっしゃるかもしれません。でもドイツでは、日本人が好む魚介類の干物特有の風味は、極端に嫌う人がたいへん多いです。

ドイツでは、海に面したほんの一部の地域以外では、魚介類をほとんど食べる機会がないようなところも多いため、食べ慣れていないということがまず大きいでしょう。「異臭を放つ変なもの」として敬遠されます。残念ですがお土産には不向きのようです。

塩辛、納豆、梅干し

「うわーっ!」と、顔をしかめられるかもしれないような、日本人感覚で「ウケを狙った」ようなものは、全般NGと考えておいたほうがよいです。

根が生真面目な人が多いドイツ人は、冗談交じりにそのような反応をするのではなく、本気で嫌がっていることの方が多いです。そんなものをわざわざ持って行って反応を楽しんでも、嫌われてしまうだけです。

まとめ

いかがでしたか?お好みは個人次第のところがありますので、実際には好む方もいらっしゃるとは思いますが、「一般的に」ということでひとつの参考としていただければ幸いです。

関連記事:友達作りから出張の手土産にも。ドイツ人に好評だったお土産10選!

この記事へのコメント 4

  • kizuka のプロフィール写真 kizuka より:

    日本でも普通に顰蹙を買いそうなものばかりですね(笑)

    2
    • avatar
    • avatar
  • あい。 のプロフィール写真 あい。 より:

    日本とドイツって、勝手に似ている感覚を感じてましたが。気を付けますー

    1
    • avatar
  • Salzbrezel のプロフィール写真 Salzbrezel より:

    そもそもプレゼントっていう文化があまりないのかなと感じています。
    誕生日の日には、自宅でパーティー開いたり、会社にもケーキを自分で持って来たりして、自分から祝ってもらうためにアレンジする慣習があるようで、日本との違いにとても困惑しました。

    2
    • avatar
    • avatar
  • まいける のプロフィール写真 まいける より:

    ドイツに限らず、欧米の人には日本のやわらかい和菓子は好き嫌いが分かれます。あのぐにゃっとした食感が気持ち悪いと感じるようです。欧米にはああいった食感のスイーツはないですから。また、日本のケーキは柔らかく、やはり欧米の感覚ではおいしいとは感じない人が多いようです。お菓子で有れば、焼き菓子系がよく、せんべいやおかきは問題ないでしょう。
    むしろ日本茶は最近は日本ブームから喜ばれるケースが多いと思います。

    1
    • avatar

この記事への感想・意見をみんなと共有しよう!!

Gnolly のプロフィール写真
秋田県出身。IT企業に約20年勤務。海外旅行好きが高じ、ニューヨークへ単身留学した経験で人生観が変わる。退職後は「自分が本当にやりたかったこと」と向き合い、次なる夢を実現すべく、自身のライターとしての可能性を模索中。幅広いジャンルの記事に取り組んでいる。


このページの先頭へ

ツールバーへスキップ