ドイツの化学産業の特色~優秀な人材を輩出できる土壌~

スポンサーリンク

世界的に有名なドイツの化学産業

ドイツは工業国の顔がありますが、その中でも柱の一つになっているのが化学産業です。ドイツの化学産業における売上高は、世界でも4番目の規模に相当していて、ヨーロッパの中では最大級の売上高を誇ります。

最近ではグローバリゼーションが発展したこともあって、新興国や産油国に汎用品の生産拠点を移す動きが先進国の中では見られます。このため、産業の先進国内の市場規模は停滞する傾向が見られます。しかしドイツの化学部門を見ると、国内における産業もまだまだ盛んな傾向が見られます。しかも国内企業だけでなく、海外の企業がドイツ国内に投資することも決して珍しくありません。

ドイツの科学技術は、昔から高水準でした。その理由は、昔から教育システムが整備されていたからです。研究を行いながら同時に教育するシステムが採用されていたため、学生も教授とともに最先端の研究に触れる機会に恵まれました。このため、学生の教育効果がアップし、国全体の科学技術が向上したと考えられています。

ドイツの主要な化学メーカー

ドイツにはいくつか世界に誇る化学メーカーがありますが、その中でも世界で最大規模のメーカーと言われているのがBASFです。化学製品の他にもプラスチック製品や高機能製品、農業関連製品、石油・ガスといった感じで守備範囲は広いです。2011年度には735億ユーロの売上高を記録しています。Forbes Global200の中では、世界で74番目の企業規模となっています。

ヘンケルもドイツの主要な化学メーカーです。洗濯用洗剤や食器用洗剤、シャンプー、歯磨き粉、マウスケアなど多種多様な製品を取り扱っています。私たちの生活でもしばしば使われる接着剤ですが、世界でも最も大きな売り上げを記録するメーカーでもあります。ヨーロッパや北アメリカを中心に、世界中125か国に拠点を展開し、今や多国籍企業の一つとされます。

製薬会社でバイエルという名前を聞いたことのある人も多いことでしょう。日本でも商品を販売している製薬会社ですが、もともとはドイツを本拠にした化学工業メーカーでした。アスピリンは鎮痛解熱剤として、日本含め世界中で使われている薬剤です。これをヤナギの樹皮から抽出して製品化したのは、バイエルが最初です。

2004年にこのバイエルから分離独立する形で新たに作られたのが、ランクセスAGです。ドイツ国内でも4番目の売上高を誇る化学会社で、ポリマーや合成ゴム、プラスチックといった製品を主に製造・販売しています。このように世界にも広く展開しているような大規模企業をいくつか抱えているのが、ドイツの化学産業の強みと言えます。

輸出に力を入れている産業

ドイツの基幹産業ということもあって、国内需要はもちろんのこと、輸出にも力を入れているのが化学産業です。化学製品輸出量を国別で見た場合、世界トップの規模を誇ると言ってもいいでしょう。化学工業に特化したインフラが整備されていますし、革新的な研究を行う施設も国内にはたくさんあります。しかも労働力も化学の専門的な知識やスキルを持った人が多いです。化学工業を行うにあたっての立地条件に優れていることもあって、世界中から投資先に選ばれているほどです。海外の財力を使って、さらにドイツは化学産業を発展し続けています。

伝統と進化の融合

ドイツにおける化学産業の今後ですが、ますます拡大していくのではないかと見られています。ドイツのテクノロジーの発展の基礎には、科学技術のあったことは広く認められています。

この伝統に根ざして、ドイツでは化学企業が発展しました。しかも産学連携がしっかりしているのも、ドイツの強みと言われています。企業と有名研究機関が協力して、グローバル化で他国の化学メーカーを敵に回して競争を勝ち抜かないといけない環境でも、多種多様な技術革新の広がりを見せています。

ドイツの今後の化学産業のカギになる分野がいくつかあります。たとえば、ナノテクノロジーは世界中から高い評価を受けています。巨額の資金を使っての助成プログラムが充実していて、これはヨーロッパの中でも群を抜いていると言われています。

その他にはプラスチック産業も、ドイツの化学産業の今後の発展を握っているとされています。プラスチックの製造・加工部門はヨーロッパの中でも最大級の規模を誇ります。自分たちの身の回りの製品をイメージしてほしいのですが、そのほとんどがプラスチックによって作られていませんか?

ローコストで、しかも大量生産の可能なプラスチック製品は、今後も世界中で高い需要が予想されます。そしてその主要生産国のドイツの世界における役割も、さらに重要度を増してくるでしょう。ドイツの化学産業は、世界中から革新性や品質、耐久性、効率性といったすべての面で高く評価されています。加工産業の基礎として、今後も発展し続けることが予想されるドイツの基幹産業と言って良いでしょう。

感想・意見をみんなと共有しよう!!



関連記事

このページの先頭へ

Social Media Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
ツールバーへスキップ