Ausbildung制度は崩壊する?ドイツ職業教育のいま

スポンサーリンク

Ausbildungをする人が高齢化している

そしておもしろいのが、Ausbildungをしている人の平均年齢がどんどん上がっているということです。

Ausbildungを始めた人の年齢構成・平均年齢https://www.bibb.de

注目したいのは、黄色の線の平均年齢です。1993年では18,5歳だったのが、2012年では20歳になっています。「たった1,5歳?」と思うかもしれませんが、内訳を見ると「ほほぉ」となります。

1993年の時点で、Ausbildungをはじめる人の79,5%が19歳以下でした。24歳から40歳の人はたったの3,6%。2012年をみてみると、19歳以下は57,7%。24歳から40歳の人は9,5%となっています。

人口の年齢分布もちがうのでかんたんには比べられませんが、Ausbildungをはじめる人の高年齢化が進んでいるのは事実です。

理由までは書いていませんが、多くの若者が大学進学を目指したから起こった変化ではないでしょうか。

というのも、ドイツの大学の単位取得は楽ではありません。「とりあえず進学」はできますが、「とりあえず卒業」はむずかしいのが現実です。そのため、毎学期多くの学生が「ムリだ」「向いてない」「やりたいことが決まった」と大学を去っていきます。

いままで「Ausbildungで資格を取って、もっと勉強したかったら大学へ行こう」だったのが、「大学に入学してから考えよう」という流れが強くなったからかもしれません。

Ausbildung制度に未来はあるのか

人によって、将来のビジョンは大きく異なります。Ausbildungという制度が廃ってきているからといって、Ausbildung自体が悪いシステムということではありません。

ですがいままで「一握りのエリートが大学へ行き、それ以外の人はAusbildungで資格を取る」のが主流だったドイツ。より多くの若者が進学という選択肢を選べば、その流れも変わってきます。

学生が多くなれば、大学運営のために学費が上がるかもしれません。国庫の負担ということで、学生への公的経済支援が減るかもしれません。

Ausbildungは大学よりも短期間で終わることがほとんどですから、大学進学者が増えることによって、若者が社会へ出る時期が遅くなり労働力不足になるかもしれません。

企業としても、Ausbildung制度を使うことによって若い労働力を安く確保することができる上、実務経験の多いAusbildung修了者を雇うことにメリットもあります。

少子化が進むなかで、多くの若者が大学進学を希望しているドイツ。変わり続ける時代のなかで、制度の変革を迫られることは、必然と言えるでしょう。

Ausbildung制度がこのまま自然消滅の道を歩む、ということはないとは思いますが、うつり行く時代のなかでAusbildung制度がどのように適応していくのか、変化していくのかに注目が集まります。

1 2 3

この記事へのコメント 7

  • まいける のプロフィール写真 まいける より:

    日本でも大学進学率がどんどん上がって、工業高校や工専、専門学校が減少している傾向は同じです。ドイツのAusbildungは、年齢に制約がないようなので、今後移民の実業教育などでも活用できるように思えます。
    日本の場合には、まず大学の教育内容を見直す必要がありそうです。特に新設の私学の中にはとにかく学校にある程度行っていれば卒業できるというようなところも多くあります。そんな大学に価値があるのかと疑問に思いますが、それでも高校で落ちこぼれてそれでも大卒の資格が欲しいという需要があるようです。

    3
  • あい。 のプロフィール写真 あい。 より:

    日本でも、特に切望する職業でもない限り。経済的事情でもない限り。とりあえず、大学って感じですが。
    やはりドイツでも、学歴によって初任給の差が出るのでしょうか?
    だとしたら、教養を深める意味だけでなく、やはり大卒の資格は欲しいですね。

    2
  • one1color のプロフィール写真 one1color より:

    ベルリンでは、ファッションやデザインのausbildungをやっている人を多く見かけます。ファッションやデザイン業界などのコネがものをいう場所ではausbildungでしっかりとコミュニティに繋がれることは良いかも知れません。

    2
  • Zenn のプロフィール写真 Zenn より:

    とりあえず大学→卒業できそうにない→Ausbildungという流れでしょうか?それとも「ドイツでは2011年に徴兵制度が廃止」(Wikipedia)が影響しているんでしょうか?日本の制度とはまったく違いますね。しかし「小学校4年生の時点で、ある程度の進路が決まります。」はいくらドイツ人でも早すぎますって。

    1
  • kimura12548 のプロフィール写真 kimura12548 より:

    世界的に「大卒・院卒」であることが、一定の評価を受ける時代ですからねー

    0
  • yusuke のプロフィール写真 yusuke より:

    日本の専門学校に近いですね。
    日本も職人が多いので似たようなところが多々ありますね。

    0
  • Ayano Onozaki のプロフィール写真 Ayano Onozaki より:

    アウスヴィルディングを受ける人減ってるんですね?!今や日本からでも受ける人が増えているので増加傾向かと…みなさんもいつでも受けれますよ!

    0

感想・意見をみんなと共有しよう!!

雨宮 紫苑 のプロフィール写真
ドイツでジャーナリズムを学んでいます。ライターとして生計を立てるべく、目下奮闘中。ドイツ発のニュースや海外生活情報などをお届けしています。


関連記事

このページの先頭へ

Social Media Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
ツールバーへスキップ