ドルトムント~サッカーが盛んなハイテク産業の街~

ドルトムントの紋章
スポンサーリンク

サッカーが盛んなハイテク産業の街

ドイツ西部のノルトライン=ヴェストファーレン州に属するドルトムント。ルール地方の中核都市のひとつで、ライン・ルール地方への東の玄関口とも言われています。

最近では、サッカーで活躍する香川真司選手が所属するチームの名前「ボルシア・ドルトムント」として知っている人も多いと思います。この街は現在は、IT、バイオ、マイクロ/ナノ・テクノロジーなどのハイテク産業の街として躍進中です。半導体のエルモス、送電会社アンプリオンはこの街に本拠地を置いています。

また近年、街の南部ヒューデ地区の再開発プロジェクトが注目を集めています。ティッセン・クルップ社の溶鉱炉と製鉄所があった場所で、2001年に工場が閉鎖されたため、市によって再開発案が検討されました。西側にはナノテクノロジーのサイエンス・パークが建設されることになり、東側には辺りを流れるエムシャー川をダムでせき止めて「フェニックス湖」が作られました。湖に面してマリーナ、オフィス、高級住宅街が整備され、近隣にはレストランやカフェが立ち並び、小売店などの商業施設も立ちました。

フェニックス湖https://de.wikipedia.org

ホテルの建設計画も出ています。さらに湖の南と西側には3.2キロメートルに及ぶ歩道とサイクリング道路がつくられ、北と東側は環境共生型のエコロジー・ゾーンとなる予定です。週末や天気のよい日にはすでに、大勢の人で賑わう憩いの場所となっているようです。巨大な工場跡地が、人々の新しい生活空間へ。産業構造転換の成功例として、今後国際的に知名度が上がっていくことでしょう。

「シンジ・カガワ」でつながるドイツと日本

最近一番の人気となっているこの街の観光スポットは、「ズィグナル・イドゥナ・パーク」旧名称「ヴェストファーレン・シュタディオン」、サッカー場です。ボルシア・ドルトムントのホームスタジアムでもあります。収容人員8万3千人を誇り、ドイツでは最大、ヨーロッパでも屈指の大規模スタジアムとなっています。

さらに最大の特徴は、全て立見席で2万5千人収容できるホームゴール裏のスタンド。ここ一番という重要な試合では「殺気立った」とも表現されるホームチームのサポーターが、怒涛の応援で敵チームを圧倒します。

ズィグナル・イドゥナ・パーク0

何よりもサッカーが大好きで大切に思っている人が多いこの地方の人々です。そして、香川選手が復帰して空前の盛り上がりを見せているボルシア・ドルトムント。街の人々が大好きなサッカーで活躍する日本人・香川選手のおかげで、特に最近は日本人皆に好意的で親切です。

>>次ページ
町の歴史は「鉄鋼業とビールの一大生産地」

1 2 3

この記事へのコメント 2

感想・意見をみんなと共有しよう!!

Gnolly のプロフィール写真
秋田県出身。IT企業に約20年勤務。海外旅行好きが高じ、ニューヨークへ単身留学した経験で人生観が変わる。退職後は「自分が本当にやりたかったこと」と向き合い、次なる夢を実現すべく、自身のライターとしての可能性を模索中。幅広いジャンルの記事に取り組んでいる。


関連記事

このページの先頭へ

Social Media Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
ツールバーへスキップ