州はホントは国だった!?ドイツはなぜ連邦国家なのか?

スポンサーリンク

なぜ州があるの?

ここからは、わたしがドイツの大学で学んだ公法の知識をフル活用したいと思います。

わたしは常々、「なんのために州があるんだろう」と思っていました。国が運営するなら州はいらないし、州が運営するなら国は不要なんじゃないかな? と考えていたんです。そう思ったことはありませんか?

なぜ州があるかを考えるには、ドイツの歴史を振り返らなくてはいけません。

ナポレオン戦争後、ドイツはウィーン議定書によって、ドイツ連邦として国土を再編されました。ですが領土は35の君主国によってバラバラに統治されていて、国としてはあまり機能していませんでした。その後の産業革命とともに、統一への道を進みます。

ナショナリズムが高まり、多民族国家であるオーストリア帝国をドイツに入れるか、ドイツ人だけのプロイセン中心でまとまるか……。ヨーロッパは揺れました。

結論として、当時首相を務めるビスマルクは、オーストリアを排除して、プロイセン中心の北部ドイツを纏め上げました。22の領邦と、3つの自由都市からなる北ドイツ連邦です。

……と、そこまでは良かったのですが、なかなかうまくはいきませんでした。もともとドイツの領土内には、何人もの君主、つまり国のトップがいました。名目上「ドイツ」というくくりに入っていても、事実上はそれぞれの君主がそれぞれの国を持っている状態だったのです。

1871年、ヴィルヘルム1世の戴冠により、ドイツ帝国誕生。とはいえ、もともと「自分の国」を持っていた22人の君主たちは、納得いきません。いままでの権利を帝国に奪われることになってしまいます。

結局、ドイツ帝国として一応の統一は果たしたものの、「22人の君主たちは、いままでどおり独立した国のように運営してていいよ。でも代表は帝国がやるね」とお互い妥協したのです。

その結果が、いまでも残っている、州の強い自治力と独立感です。

現在、州の立ち位置はどうなってるの?

さて、一応ドイツ帝国に編成された、22の君主国。その後も再編などを繰り返し、最終的に現在の16の国になり、それが州としてドイツに帰属します。16の国が連携して、「ドイツ連邦共和国」というもう1つの国を作り出しているようなものなのです。

ですが本当に州を国として認めてしまっては、ドイツという国が立ち行かなくなってしまいます。そのため、州と国の役割分担は、基本法(憲法)に記されています。厳密に言えば、国が担う役割が箇条書きされていて、それ以外はすべて州にまわる、ということになっています。

法律上の上下関係でいえば、基本法(憲法)→連邦法(税金など)→連邦条例(交通法など)→州憲法→州法(建築法など)→州条例、というようになっています。つまり、州憲法は、ドイツ連邦の条例に矛盾してはいけないんですね。あくまで国ありきの州、という位置付けです。

>>次ページ
州の具体的な機能、「水平的」「垂直的」権力分散とは?

1 2 3

この記事へのコメント 6

  • Salzbrezel のプロフィール写真 Salzbrezel より:

    ドイツに住んでいるので政治もちょっとは勉強しなきゃと思うこの頃。。
    ドイツが連邦共和国と呼ばれる背景がなんとなくわかった気がします。

    7
  • kimura12548 のプロフィール写真 kimura12548 より:

    水平的権力分散と垂直的権力分散という言葉、初めて知りました!

    アメリカの州とも同じようで少し違う?

    日本人の我々には少し難しい感覚ですね。

    4
  • Tomorich のプロフィール写真 Tomorich より:

    東西格差がなかなか埋まらないのも、各州が力を持ってるが故なのかもしれませんね。

    3
  • Zenn のプロフィール写真 Zenn より:

    「ドイツ連邦共和国」なんですね(勉強になります)。日本も道州制にすれば面白いと思いますが、逆方向からもっていくのは難しいのかも。

    3
  • kisetu-ju のプロフィール写真 kisetu-ju より:

    日本の48都道府県も島国でとても多くに分かれすぎていると思います。
    州については市民の反対というのはわかりますが、政治などでベルリンだけが別というのもやりにくいことがあるのではないかと思います。
    しかし、過去を振り返るとこうなってしまうのは仕方ないのかと思ったりしますね。

    1
  • 仮面サラリーマン のプロフィール写真 仮面サラリーマン より:

    日本の廃藩置県の前は、大名による封建国家でしたが、それに近いことが現在にまで残っているのだと思います。

    0

感想・意見をみんなと共有しよう!!

雨宮 紫苑 のプロフィール写真
ドイツでジャーナリズムを学んでいます。ライターとして生計を立てるべく、目下奮闘中。ドイツ発のニュースや海外生活情報などをお届けしています。


関連記事

このページの先頭へ

Social Media Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
ツールバーへスキップ