ドイツニュースアクセスランキング【2016年8月】

スポンサーリンク

【ドイツ生活ニュース】8月のアクセスランキングトップ3

1.ドイツ人と日本人の「仕事の違い」を比較してイラストが話題に

ドイツ人が「自分がいい加減だから他人にも多くを求めない」のには共感します。ですが「困ったら助け合う風潮か」と言われれば「うーん?」と思ってしまいます。むしろ困ったら「それはわたしの担当じゃないから」と丸投げする人が多い気がします。

ぶっちゃけ、イラストが全然わかりやすくないです。そして日本人が最後まで仕事をしないというのもナゾです。みなさん、仕事最後までしてないんですか? わたしはそうは思いませんが。

2.700万人のドイツ人が太りすぎ

太りすぎの基準が明記されていませんが、贅沢病と言えるでしょう。モノがあふれる現代では、あえてがんばって痩せるよりも、その場の楽しみを優先させたい気持ちはよくわかります。

健康に対する意識は個人のものなので好きにすればいいと思いますが、太りすぎは多くの病を招きます。肥満度が上がることは医療費高騰にもつながるので、対策が必要ですね。

ですが日本の「痩せていること」に対する強すぎる美意識も疑問です。太っていることがいいこととは思いませんが、日本のように太っていることが悪、という考え方も健全とは思えません。

3.退職年齢69歳への引き上げ検討必要、ドイツ連銀が政府に提言

高齢化が進み、平均寿命が延びていく中、「何歳からが老後か」というのは大きな関心が集まるテーマです。日本も同じ状況です。昔は定年してのんびりした余生を送ってぽっくりと……だったのが、退職してから20年、30年と生きる人が増えているのですから、制度の見直しは必要です。

ですがこんなことを言われると、なんだか長く生きるのがユウウツになってきますね。

8月の生活ニュースをおさらい

仕事、ライフスタイル、老後と人気記事のテーマが分かれています。ですがこの3つは生活に密接する話題なので、関心が高いのもうなずけます。流れゆく時代のなかで、国民の生活はどのように変わっていくのでしょうか。

1 2 3 4 5

この記事へのコメント 6

  • まいける のプロフィール写真 まいける より:

    産業について、自動車についてはやはり自動運転関連の技術開発の話題が増えています。日本でも新技術開発のニュースが多くありますが、きちんと実用化をするのはやはりドイツが先を行くようです。最近日本の各メーカーが宣伝しているダウンサイジングターボもドイツが先ですし、自動運転技術も地に着いた開発をやっていて、どのように実用化するかというステップが明確なようです。
    社会問題はやはり難民ですね。いろいろ反対はあっても現在のドイツの繁栄には移民の力も大きいはずです。
    今後新しい産業がドイツで花開くとしたら移民、難民の力がさらに貢献するでしょう。

    3
  • kimura12548 のプロフィール写真 kimura12548 より:

    それにしても自動車関連が多いですね、

    2
  • あい。 のプロフィール写真 あい。 より:

    ドイツというと、やはり自動車のイメージはあります。
    進化するのは、喜ばしいですが。面白みがなくなる反面も、あるのかも知れませんね。

    2
  • jpeg2016 のプロフィール写真 jpeg2016 より:

     しばらくは自動運転と難民の問題がキーワードとして続きそう。

    0
  • kisetu-ju のプロフィール写真 kisetu-ju より:

    わたしも産業についてはこの先も自動車について拍車がかかると思います。さすがドイツと言ってもいいのではないでしょうか。さて、難民の移住ですが世界的にたくさんの問題があると思います。ドイツが繁栄している。就職、そして生活はけっして楽ではないと思います。

    0
  • 直人 東條 のプロフィール写真 直人 より:

    今度はシリア難民関連も多くなるかもしれませんね。

    0

感想・意見をみんなと共有しよう!!

雨宮 紫苑 のプロフィール写真
ドイツでジャーナリズムを学んでいます。ライターとして生計を立てるべく、目下奮闘中。ドイツ発のニュースや海外生活情報などをお届けしています。


関連記事

このページの先頭へ

Social Media Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
ツールバーへスキップ