インダストリー4.0で試されるドイツの自動車産業

2011年からドイツ連邦政府は、「インダストリー4.0」と呼ばれる、IoT(Internet of Things)による第4次産業革命を目指しています。しかし、インダストリー4.0が何を実現するのか、既存の製造システムに対して具体的に何が変わるのかは、なかなかイメージしづらい部分があります。今回はインダストリー4.0が実現すること、そしてインダストリー4.0を声高に謳うドイツの意図と、その背景について解説します。

スポンサーリンク

インダストリー4.0の概要

まずはインダストリー4.0の具体的な内容について解説します。

インダストリー4.0とは製造分野で活用されるIoT

インダストリー4.0の背景には、IoTことInternet of Thingsと呼ばれる概念があります。IoTは日本語では「モノのインターネット」とも呼ばれていますが、この概念は最初にイギリス人のケビン・アシュトンが提唱したと言われており、比較的長い間検討されてきたものでした。

もっとも当初、ケビン・アシュトンはRFIDと呼ばれる、IC埋め込みのタグを活用した受動的な商品管理などを前提にしていたとのことです。例えば、Felicaなどに代表されるICカードは、IoTが日常生活の中でも活用されるに至った一例だと言えるでしょう。

一方、現在はスマートフォンの普及などにより、必ずしもコンピューターに限らない、デバイス自体が能動的な通信を行うことが一般的になりました。例えば日常生活においては、冷蔵庫が内部の状況をスマートフォンにデータとして送ったり、スマートフォンから炊飯器の設定を行ったりするような、いわゆるスマート家電が、現在の分かりやすいIoTの具体的活用例だと言えるでしょう。

スマートフォンを経由してインターネットに接続する活動量計は、普及しているIoTの一事例http://www.jawboneuppromocode.com

ICカードでの決済はさておき、家電製品の遠隔操作がどれほど生活を便利にするかは未知数な部分もありますが、このように当初と比べると、IoTは大きく拡大した概念となっています。そして、このIoTを製造分野にフル活用させるものとしてドイツが提唱したのがインダストリー4.0なのです。

すでに多くの媒体で報じられているように、インダストリー4.0は第4次の産業革命を目指すものと定義づけられており、蒸気機関の発明による第1次、電力を使った大量生産化による第2次、コンピューターを使った自動製造が実現した第3次に続くものだとしています。もっとも各産業革命は、後年になってからそれが革命的な産業の進化だと評されているものであり、実現する前から革命を謳うのは、やや力が入り過ぎているような印象も否めません。

第一次産業革命をおこした蒸気機関https://en.wikipedia.org

>>次ページ
自動車製造におけるインダストリー4.0とは?

1 2 3 4

この記事へのコメント 5

  • Zenn のプロフィール写真 Zenn より:

    この記事は技術的には?がつくと思います(あまりネガティブなコメントは避けたいのですが)。RFIDやスマートフォン、TVや冷蔵庫の家電のなかには、すでにマイクロ・コンピュータがまず必ずと言っていいほど使われています。自動車の製造工場でコンピュータが生産計画を立てるのはもっと先の話で、そこに人件費がかかる人間は存在しないでしょう。Internetは情報通信の革命であり、電気ガス水道の次の社会インフラに位置づけられるのではないでしょうか。その点ではGoogleのくだりはそのとうり、当たっていると思います。

    3
  • リリオ のプロフィール写真 リリオ より:

    IoTは産業革命としていつか歴史の教科書に載り、私達が学校の授業で学んだように未来の子供たちも学ぶのだろうか…と思うと不思議な気持ちになります(笑)

    1
  • まいける のプロフィール写真 まいける より:

    インダストリー4.0も最初に提唱されたころからは、変わってきています。ヨーロッパのこういったコンセプチュアルな取り組みは、最初にかなり理想的なゴールを設定して、そこに向かってシーズを積み上げていく中で実現ステップを変更したりしながらうまく現実に合わせていくからです。最終的にどのようになるかはわかりませんが、こういった取り組みの仕方は日本ではなかなかできない取り組みです。

    1
  • Haruko Fujikawa のプロフィール写真 Haruko より:

    ドイツの車は素晴らしいですね!しかし、いんだースリーは高性能ゆえに弱点があるのでは?コンピューターの弱点が、、、

    0
  • kisetu-ju のプロフィール写真 kisetu-ju より:

    IT化が進み第4次に入っていきますが、人がITに使われることが一番怖いことです。産業の革命をリードするドイツは素晴らしいともいますが、今後どうなっていくのか不安も隠せないでしょう。

    0

感想・意見をみんなと共有しよう!!

Kotaro Harakawa のプロフィール写真
writer, medical doctor, JAPAN MENSA member


関連記事

このページの先頭へ

Social Media Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
ツールバーへスキップ