ドイツ出張時のオススメホテル 3選! ライプツィヒ編

スポンサーリンク

ホテル フュルステンホフ ア ラグジュアリー コレクション
(Hotel Fürstenhof – A Luxury Collection)

~貴族の宮殿を改装して作られた、最高級ホテル!~

1770年に建てられたバロック様式の邸宅を改装して作られた、歴史と由緒のあるホテルです。スタッフの行き届いたサービスとホスピタリティには、定評があります。

館内全体が上品かつ高級感あふれる雰囲気で、大理石とシャンデリアに彩られたロビー、螺旋階段など、ヨーロッパらしい重厚感がありつつ、またモダンな雰囲気もあります。

客室は、ドイツのクラシカルな温かみがあるインテリア。ベッドの寝心地も良いです。バスルームにはバスタブもあります。気持ちのよいテラスがついた客室もあります。室内のテレビではNHKワールドも視聴できます。

館内には、18世紀のサロンのような雰囲気でこの地方の名物料理や世界各国の料理を味わえるレストラン「Villers」の他、地中海がテーマのプールバー、ピアノバー、ヨーロッパ各地の味覚を楽しめるワインバーなど、雰囲気の異なるバーがいろいろあり楽しめます。

ホテルの目の前にはトラムの乗り場があり、通りを渡った向かい側にはショッピングモール Höfe am Brühl もあります。

>> ホテル フュルステンホフ ア ラグジュアリー コレクションの予約はこちらから

ライプツィヒ マリオット ホテル
(Leipzig Marriott Hotel)

~中央駅から徒歩5分。主要な観光地はすべて徒歩圏内!~

ライプツィヒ中央駅から徒歩5分と近く、コンパクトに主要な見どころが集まったライプツィヒにおいては、このホテルを拠点にすべて徒歩で周ることができます。観光途中に買い物したものを置きに戻ったりすることもできる、便利な立地にあります。

入口は、複数の店舗が入った集合の建物のような一角にありますが、中に一歩入るとしっとりと洗練された雰囲気のホテルロビーになっています。客室は、エレガントで落ち着いた印象です。バスルームにはバスタブもついています。

アメリカのホテルチェーンらしく、館内にはアメリカンスタイルのスポーツ・バーがあるほか、朝食はドイツ式のバフェの他にアメリカン・ブレックファーストも提供されています。

ホテル向かいには、2014年にオープンしたショッピングモールHöfe am Brühlがあります。スーパーやカフェ、またファーストフード店のひとつとして回転寿司なども入っており、こちらも利用価値大です。

>> ライプツィヒ マリオット ホテルの予約はこちらから

ザハセンパルク ホテル
(Sachsenpark-Hotel)

~メッセ会場とカンファレスセンターに近く、中心部までも電車で9分!~

Sバーンのライプツィヒ・メッセ中央駅からは徒歩15分、ライプツィヒ・メッセ会場とカンファレンス・センターは向かいという立地に建つホテルです。こちらを訪れる目的の方にはたいへん便利です。

トラム停留所までは徒歩10分、トラムのチケットはホテルのフロントで購入することもできます。市内中心部へは、ライプツィヒ・メッセ中央駅からライプツィヒ中央駅までSバーンで9分と意外なほど近く、観光にも便利に利用できます。

客室は、グレーと白を基調とした、清潔感のあるモタンかつ明るい雰囲気。バスルームはバスタブはありませんが、レインフォレスト・シャワー付きの部屋もあります。朝食バフェも好評です。

>> ザハセンパルク ホテルの予約はこちらから

感想・意見をみんなと共有しよう!!

Gnolly のプロフィール写真
秋田県出身。IT企業に約20年勤務。海外旅行好きが高じ、ニューヨークへ単身留学した経験で人生観が変わる。退職後は「自分が本当にやりたかったこと」と向き合い、次なる夢を実現すべく、自身のライターとしての可能性を模索中。幅広いジャンルの記事に取り組んでいる。


関連記事

このページの先頭へ

Social Media Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
ツールバーへスキップ