ドイツに残業がないなんて誰が言った? 夢見すぎ! | ドイツBizGuide

ドイツに残業がないなんて誰が言った? 夢見すぎ!

スポンサーリンク

ドイツの労働環境は本当に「理想的」?

日本の労働環境が劣悪で、時間外労働やサービス残業がまかり通っているのは承知の事実です。有給休暇はとれないし、定時帰りすらむずかしい、なんてこともザラ。「ホワイト企業」「ブラック企業」という言葉がありますが、「ブラック企業を許す風潮」があるのは間違いないでしょう。

それに引き換え、ドイツの労働環境といえば、多くの人が「天国」をイメージしています。みんなちゃんと有給休暇をとってバカンスをして、毎日定時帰り。プライベートの時間もたっぷりある。ドイツをはじめヨーロッパは、そんなイメージがありますよね。たしかにそのイメージを聞けば、「働くには最高の環境だ!」と思います。ですが、本当にそうなのでしょうか。

統計から見るドイツの残業

「残業がない」と思われているドイツですが、、いったいどれだけの残業が行われているのでしょうか。

ドイツの1月あたり残業時間http://www.welt.de

上の青い線は、「1月あたり平均無給残業」、下の黄色い線は、「1月あたり平均有給残業」を示しています。無給での残業、つまりサービス残業は、2000年から2013年の間はだいたいの平均で月30時間ほど。有給の残業は、月20時間少々。有給無給にかかわらず、残業を平均すれば25時間ほどですね。

これを見た多くの日本人は、「残業あるんだ! でもこの程度は残業じゃないよね(笑)」と思うんじゃないでしょうか。それこそ「飼いならされた日本人の考え」だと思います。

このグラフが掲載されている新聞記事では、「この残業量はほかのどEU諸国よりも多く、ドイツ人は働きすぎている」と警鐘を鳴らしています。

……えっ! ドイツの労働環境って別に最高じゃないじゃん!!!
と思いませんか?

たしかに日本と比べたらずいぶんマシですが、ヨーロッパの中でみれば、ドイツの労働時間は多すぎるようです。つまりドイツが際立って労働環境が整っているわけではなく、日本が際立って悪い、というだけのようですね。恥ずかしいかぎり……。

日本人の月平均残業時間は、47時間(Vorkers調べ)とのこと。1日1時間から2時間くらい残業している計算になります。なんという社畜。

2時間残業を毎日ってどういうことなんですかね? 8時間働いてもまだ許されないってなに? いったいどれだけプライベートを犠牲にすれば日本の社会は気が済むんですか? 「?」がいっぱいです。

たしかにドイツの方が残業は圧倒的に少ないですが、それでもヨーロッパでは働きすぎ。文字通り死ぬほど働いている日本に比べたら、ドイツはたしかに天国です。ですがそれはドイツがすごいのではなく、日本がダメなだけなんです。

>>次ページ
ドイツの労働時間をほかのヨーロッパ諸国と比べてみると?

1 2

この記事へのコメント 20

  • @se_headman より:

    現地に長期出張してた人曰く、土日に働いてはいけないって法令はあるらしく、適用されない外国人労働者を繁忙期に土日に働かせてるという罠

    8
  • リリオ のプロフィール写真 リリオ より:

    記事を読んでて泣けて来ました(´;ω;`)休ませて下さい…。

    8
  • mojijiji のプロフィール写真 mojijiji より:

    「(日本に比べれば)ドイツは全然残業がない」という事だったんですね。
    じゃあ住むならヨーロッパの他の国のほうがいいじゃ~ん!とは私の心がならないのは、残業があるのはそれだけ勤勉だというイメージにもつながり、安心して住めそうだなと感じるからかもです。
    (日本は仕事の仕組みが悪いんじゃないか(無駄が多い)って思うので、勤勉が理由で残業してない気がしますが・・・^^;)

    8
  • Sine のプロフィール写真 Sine より:

    ドイツは他のEU諸国に比べると労働時間が少し多いようですが、
    日本に比べたら労働条件はいいほうですよね。
    産業革命期から第一次世界大戦ぐらいまでは、ヨーロッパは、資本家が労働者を酷使して、
    奴隷のように働かせていましたから、それから、労働者のための権利として社会保障や社会福祉、
    労働権を主張するようになったり、社会主義という労働者と農民だけの理想的な国に
    しようという考え方が広まっていった歴史的経緯もあって、ヨーロッパでは、労働者に関する権利や労働条件
    を認識していますが、日本では建前だけで、実質的には、あまり守られていないような気がします。
    しかし、ドイツは、日本のように24時間営業している店とかあまりないですし、日曜日になると、
    店が閉まっているなど不便な点があると思います。
    日本に物がありふれているのは、過酷な労働をしている人がいるからだということも忘れてはいけません。
    日本に比べれば、多くの国が「労働天国」でしょう。特にヨーロッパは私生活を大切にする風潮があるので、それは確かです。ですがそれは、残業がない、とは同義ではありません。ドイツにも残業はあるし、無給の場合もあります。それはどの国でも同じでしょう。
    人権にうるさいドイツだからといって、労働環境が最高かといえば、そうではありません。むしろヨーロッパの中では悪い方です。その事情を知らずにドイツの労働環境を持ち上げるのは、少し違和感があります。
    ですが前提として大問題は、日本に比べたらどの国の労働環境もまともだということです。日本が明らかにおかしいのです。
    私生活・家族と仕事の両方を大事にできる国に日本がなることができれば、自然に少子化という問題も
    解決されていくのではないかと思います。

    8
  • shimpeif のプロフィール写真 shimpeif より:

    逆に、そんなに働かなくて本当に大丈夫なの?という話にはならないのでしょうか?もちろん、過度な労働は論外として。
    日本人はヨーロッパへの憧れから、ヨーロッパでやっていることを正しいことと捉える傾向にあると思います。私自身も含めて。
    今ヨーロッパというかEUが上手くまわっているのなら何も言うことありませんが、正直EUも問題山積みですよね。
    ヨーロッパの実情はよく知りませんが、ヨーロッパの仕事観もいまのEUの問題に繋がるところも少なからずあるのではないでしょうか。

    過度な残業はよくありません。でも、これだけみんなが働いているから今の日本があるということも事実だと思います。これだけみんなで頑張ってるから、綺麗で丁寧で正確で迅速なサービスを提供できる国になったとも言えると思います。
    だから、「ヨーロッパがこうだからそれがまともで正しいのだ」と考えてしまう意識は少し違うのかなと思います。
    だって、もしこれが逆で、ヨーロッパで残業が多くて、日本で残業が少なかった場合、「日本人は働かなさすぎだから、もっと働かないと」ってなりそうですし。。。

    7
  • ゆうちゃん のプロフィール写真 ゆうちゃん より:

    他のヨーロッパの国に比べたらドイツではよく働くと思うけど、日本に比べたら、残業も働き方も法律に乗っ取っている気がします。いわゆる労働時間が短いと社会機能の停滞が起こったり経済が滞ったりするので、ドイツでちょうどいいくらいじゃないかと思います。

    4
  • kisetu-ju のプロフィール写真 kisetu-ju より:

    日本での労働者は、過労死が付きません。前日も調べてみたら、残業を強いられ上司にパワハラされてなくなってしまったじ、大卒の女性がいました。
    労働環境が整っているドイツでは、このような事件は少ないのでしょうね。
    見えない過労などどこの国でもあると思いますが、日本ほど見えない労働や過労はないことを祈ります。

    4
  • @chibio6 より:

    ヨーロッパの中ではドイツは残業が多い方だけど、日本よりはまし、とのこと。

    3
  • あい。 のプロフィール写真 あい。 より:

    ドイツ国民も、日本人には労働天国ですね、って言われても。全然、褒め言葉にはなりませんね。
    他の国ならともかく、日本人なんかに言われたってね・・・的な。

    3
  • kimura12548 のプロフィール写真 kimura12548 より:

    まぁ、残業がない仕事なんて、逆に異常ですよね。

    常軌を逸した範囲は別として、仕事をする上で、終わらなかった仕事、やり残した仕事は多少の残業をしてでもやる。
    それくらい、仕事対してモチベーションがないと、逆に辛いんじゃないでしょうか。

    3
  • 電通の事件をドイツの方に伝えたらなんと言われるんでしょうね。ケタの違う残業時間。

    3
  • きょんちー のプロフィール写真 きょんちー より:

    ドイツの周りの国に比べると少し働いてる時間は多いと思います。しかし、ドイツは周りに比べても大きめの国なので、国を動かすためにも多少は多く働く必要があるのでそれを考えると丁度いいと思います。

    2
  • keiichi0218 のプロフィール写真 keiichi0218 より:

    EUの中で唯一、成長を続ける産業大国なんだからこういうのはあって自然のように思えます。向こうは労働基準法だとか労働基準監督署などは存在しているのでしょうか、興味深いです。

    1
  • 創聖 中川 のプロフィール写真 創聖 より:

    確かにある程度は働かないとドイツは大国なのでやっていけないと思いますね。でもドイツの景気は好調なのでこのぐらいの労働時間がドイツにっとては丁度いいんじゃないでしょうか?

    1
  • RI-SA のプロフィール写真 Risa より:

    日本は残業ってよりも、上司より先に帰ったらいけないみたいな風潮があるから遅くまで会社にいるとかじゃないのかな。

    0
  • yusuke のプロフィール写真 yusuke より:

    ドイツはバカンスのイメージもあるけど、働き者のイメージもありますからね~

    0
  • hirokin888 のプロフィール写真 hirokin888 より:

    少なくとも、日本のように精神が破綻するまで働かせることはないでしょう?そういう例がドイツにあるんでしょうか??

    0
  • かすたーど のプロフィール写真 かすたーど より:

    私は今日本で残業ゼロの仕事をしていますが、普通にお給料もらえてますしやりがいもあります。毎日残業をしなければならない仕事って、個人の仕事の速さだけの問題じゃないと思うんです。ヨーロッパなどの業務管理の良いところを日本も取り入れて、残業で苦しむ人が少なくなるといいんですが。

    0
  • moleskine80 のプロフィール写真 moleskine80 より:

    ドイツの働く構造や考え方が違うのでしょうか?
    残業が多い少ないより何をどうしたいのかが明確で事業の進め方がわかりやすい可能性があるのかな?

    0
  • iudex のプロフィール写真 iudex より:

    ドイツでも働く場所によりけりやと思います。私が以前働いてた所は、一番酷い時に1ヶ月で休みが3日。残業時間は100時間超えました。もちろん日系とかではなく、ドイツの会社です。私の元職場は自他共に認めるほどドイツでは異常な職場ですが、ドイツでも日系の会社はどうも日本と同じような働き振りを発揮していると小耳に挟んだこともあります。ちなみに、ドイツの研修医だと日本の研修医と変わらないような働きぶりを発揮してたりしますし、個人営業のレストランバーや、ホテルのレストランバーも就労時間があってないような労働時間です。
    逆に、IT関係の仕事をしてる友人は「今週、7時間も残業したから今日はクランク(病欠)取った。」とか、ドイツの役所に用あって行くと、大概自分の担当官が休暇中というのはドイツあるあるの一つだったりとかします。
    なので、一概に日本と比べてドイツが断然いい!!と言えるのは「確実に休暇が取れる」ことくらいでしょうか。

    0

感想・意見をみんなと共有しよう!!

雨宮 紫苑 のプロフィール写真
ドイツでジャーナリズムを学んでいます。ライターとして生計を立てるべく、目下奮闘中。ドイツ発のニュースや海外生活情報などをお届けしています。


関連記事

このページの先頭へ

Social Media Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
ツールバーへスキップ