ポルシェの歴史 – フェルナンドポルシェが生み出す最高傑作

スポンサーリンク

リアエンジンからの脱却失敗と経営不振

ポルシェ928

911は高出力化が進むと、リアエンジンゆえの重量バランスの悪さも目立ってきていた。後輪よりも後ろに重量物があるのは、駆動輪を路面に押し付ける上では有利ながら、旋回中に安定を失いやすいという欠点もあったのである。

成長を続ける中でフェリーは1971年には同族経営体制を解消して第一線からは退いたが、新社長のエルンスト・フールマンは911に変わる新しいフラッグシップとして928を企画し、1978年に発売している。928は水冷V8エンジンを前に置き後輪を駆動するレイアウト(FR)で、一見ありふれた構成でしたが、細部に注目すると極めて革新的な自動車で、911よりも遥かに快適に、そして高速でのクルージングが可能なグランドツアラーであった。928の著名なオーナーとしては米アップルのスティーブ・ジョブズが有名である。

更に1981年には911の直接の後継となるべく、944が発表されている。944もFRであったが、グランドツアラーだった928に対して、944は小型軽量で抜群のハンドリングを誇り、スポーツカーとして高く評価されていた。しかしポルシェ社の思惑に反して、多くの愛好家は928や944が登場しても尚、設計の古い911を好む結果となってしまった。

ポルシェ社とリアエンジンは切っても切れない状態になり、どのように進化するか暗中模索しながら911の改良を続けることとなっていた。依存度が高かった北米市場での販売不振などもあり、1980年代から1990年代にかけては経営状態が悪化してしまった。

>>次ページ
フォルクスワーゲンによる買収の背景は?

1 2 3 4 5

この記事へのコメント 3

  • Zenn のプロフィール写真 Zenn より:

    「ポルシェ設計の戦車」って見てみたいです。でもそのせいで刑務所に収監されていたとは、なんとも残念です。ダイムラーにも在籍していたんですね、ドイツの自動車産業の奥深さを感じます。(全く関係ないんですが、きょう偶然ポルシェ911と公道で並走したので思わずコメントしました。)

    2
  • まいける のプロフィール写真 まいける より:

    ポルシェはスポーツカーブランドとしては破格の生産量を誇っています。やはり耐久レースなどで抜群の成績を誇っていたことが影響しているのでしょう。それでいてF1には挑戦していないのは、F1の開発は量産車の開発にはあまり役に立たないとおもっているのかもしれませんね。

    1
  • リリオ のプロフィール写真 リリオ より:

    実はポルシェがドイツのメーカーとは知りませんでした。てっきりイタリアのメーカーだと思っていました。エンブレムがとことなくイタリアっぽい感じがするので…。

    0

感想・意見をみんなと共有しよう!!

Kotaro Harakawa のプロフィール写真
writer, medical doctor, JAPAN MENSA member


関連記事

このページの先頭へ

Social Media Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
ツールバーへスキップ