シュトゥットガルト~自動車産業で栄える工業都市~

スポンサーリンク

「ドイツ人」のイメージそのままの勤勉な人たち

この地の人々の人柄について一言で表すなら、「質実剛健」でしょう。とにかく勤勉でまじめ。仕事は速くて正確。仕事に対する感覚は日本人のそれとよく似ているようですが、さらにフレキシブルな対応もできる。また、徹底した倹約家で、無駄遣いは一切しない人が多いです。

「将来自分の家を持つ」ことを人生のひとつの目標としている人も多いですが、この地方の住宅や土地の価格は、ドイツ国内でもトップクラスに高い。でも、裕福であることに加え倹約が身についている彼らにとっては、目標の価格の高さは問題にならないようです。

さらに、この地方の主婦は「完璧主義」で有名です。毎日家中をピカピカに磨き上げ、少なくとも数種類の手作りケーキを用意してご近所さんをお迎えし、お茶を楽しむ。優雅なように思えますが、すべてを1人で完璧にこなすことを求められ、その完璧度は水面下で比較されるそうですから大変です。

なお、この地方の人々は「他人やよそ者に対して冷たい」と言われることがあります。でもそれは最初だけ。一度心を開くと驚くほど何にでも親身になって世話を焼き、助けてくれます。家族が第一優先でご近所づきあいも盛んな土地柄こそなのでしょう。

訪れたい観光スポット

この街の代名詞ともなっている自動車の「メルセデス・ベンツ博物館」と「ポルシェ・ミュージアム」は、車好きでなくても「シュトゥットガルトに来たなら必見」の二大博物館です。

ポルシェ・ミュージアム

また、市民の憩いの場ともなっている「宮殿広場」もぜひ訪れてみたいスポット。広場に隣接する「新宮殿」は州政府庁舎として利用されています。「旧宮殿」は16世紀にルネッサンス様式で建てられたもので、内部は州立博物館になっています。

宮殿広場

新宮殿裏側には州立劇場がありオペラなど鑑賞できるほか、カラフルな外観の州立絵画館には近現代美術が充実しており、こちらも見逃せません。

>>次ページ
フランスの食文化の影響を受けた豊富な名物料理

1 2 3

感想・意見をみんなと共有しよう!!

Gnolly のプロフィール写真
秋田県出身。IT企業に約20年勤務。海外旅行好きが高じ、ニューヨークへ単身留学した経験で人生観が変わる。退職後は「自分が本当にやりたかったこと」と向き合い、次なる夢を実現すべく、自身のライターとしての可能性を模索中。幅広いジャンルの記事に取り組んでいる。


関連記事

このページの先頭へ

Social Media Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
ツールバーへスキップ