フォルクスワーゲンの歴史 – 国民車から世界一の自動車メーカーへ

スポンサーリンク

フォルクスワーゲン年表

1875年 フェルディナント・ポルシェがオーストリアに生まれる
1931年 フェルディナント・ポルシェが自動車設計を行うポルシェ事務所を独立開業
1934年 ポルシェ事務所はドイツ政府の求めに応じて国民車の設計を開始
1936年 試作車完成
1937年 フォルクスワーゲン準備会社として発足
1938年 フォルクスワーゲン製造会社に社名変更、KdFとして命名された国民車の製造を開始
1939年 第二次世界大戦勃発
1945年 第二次世界大戦集結、フォルクスワーゲンはイギリス軍管理下に
1946年 KdF改めフォルクスワーゲンタイプ1の製造再開
1951年 フェルディナント・ポルシェが死去
1953年 ブラジルに子会社を設立、以来海外進出を積極的に行う
1960年 ドイツ連邦の国有体制から民営化
1964年 アウトウニオン(現在のアウディ)を買収
1969年 NSUを買収
1973年 最初の前輪駆動車としてパサートを発売
1974年 タイプ1の後継車として前輪駆動のゴルフを発売
1982年 スペインのセアトを買収
1985年 フォルクスワーゲン社に社名変更、後の最重要市場となる中華人民共和国に進出
1990年 チェコの国営企業、シュコダと提携開始
1991年 シュコダを民営化
1993年 フェルディナント・ピエヒが会長に就任
1998年 ランボルギーニ、ロールス・ロイス、ベントレー、コスワースを買収、ブガッティの商標を取得
1999年 コスワースをフォードに売却
2000年 新生ブガッティを設立
2003年 ロールス・ロイスの名前の権利が取り決めによりBMWに移行
2005年 ポルシェがフォルクスワーゲンの株式を取得開始
2008年 リーマン・ショックで経営が悪化したポルシェを逆買収
2009年 日本のスズキ自動車と資本提携
2010年 イタリアのデザイン会社、イタルデザインを買収
2011年 ドイツの機械メーカー大手のMANを買収、スズキ自動車との提携解消
2012年 イタリアのバイクメーカーのドゥカティを買収
2014年 スウェーデンのトラックメーカー、スカニアを買収、グループ生産台数年間1000万台を突破
2015年 フェルディナント・ピエヒが退任、アメリカでの排ガス規制の不正が発覚し、180億ドル(2兆1600億円)の制裁金の可能性

1 2 3 4 5

この記事へのコメント 2

  • Zenn のプロフィール写真 Zenn より:

    フォルクスワーゲンはポルシェ博士が創業して、最初からドイツ国民車を目指したんですね。ディーゼル車の不正問題をどうやって克服していくのか(大企業病でしょうね)、これからが見ものといった感じですか。

    1
  • リリオ のプロフィール写真 リリオ より:

    このサイトのおかげで外国車の歴史や現状を勉強する事が出来ました。私自身は日本の車が大好きですがドイツのメーカーも応援したくなりました!

    0

感想・意見をみんなと共有しよう!!

Kotaro Harakawa のプロフィール写真
writer, medical doctor, JAPAN MENSA member


関連記事

このページの先頭へ

Social Media Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
ツールバーへスキップ