ドイツの主な輸出産業と輸入産業について知っておきたい事

sydney-370968_640
ドイツは欧州屈指の経済国で、輸出入も重要な産業となっています。

ドイツの経済を知るうえで欠かせない要素ですので基本的な部分だけでも把握しておくようにしましょう。

スポンサーリンク

ドイツの輸出産業・輸入産業

ドイツと聞いて車をイメージする方も多いと思いますが実際に車はドイツの輸出産業の中心です。

割合としてはトップで、主な相手国は隣国のフランスをはじめ、アメリカ、イギリス、イタリアなどの欧米諸国が挙げられます。

日本でも有名なドイツ車ですが日本車が優れているせいもあってか車の輸出国として日本はそれほど大きな割合は占めていません。

車の貿易高はウィキペディアによるとおよそ1400億ドルで、これは輸出第2位となる機械と比較しても400億ドルほど多い額になっています。

輸入産業でも車が最大の割合を占めていることからドイツの輸出入は車を中心に動いていることがよくわかります。

貿易相手として最大なのはフランスで、同じEU、そして隣同士ということで強い結びつきがあると言えます。

そもそもフランスとドイツは過去にも石炭や鉄鋼などの管理を共同で行っていた歴史があり、これが現在のEUの形に繋がっています。

古くからこの2カ国は経済的に強い絆があったわけです。

この他の輸出入産業としては化学製品、電気機器、通信技術、コンピュータ、石油などがあります。

特に化学製品や電気機器といった分野はドイツらしい産業ではないでしょうか。

では日本とドイツだけで見るとどうでしょう。

日本はドイツから主に医薬品を輸入しています。

普段あまり気にすることはないかもしれませんがドイツの医薬品を使っているケースも多いのです。

また、自動車もやはり主な輸入品で、国内でもドイツ車を見かけることができますね。

一方で日本はドイツに半導体電子部品を多く輸出しており、ドイツの電子機器製造などに役立てられていることが伺えます。

お互いにとっても重要な貿易国で、経済大国同士としてさかんに貿易が行われています。

こうした関係を知っておくのもビジネスシーンで何かの役に立つかもしれません。

やはりお互いの関係をよく知ることは重要です。

ドイツの貿易戦略

ドイツはEUを中心に多くの国と貿易を行っています。

最近ではロシアや中国との貿易が盛んで、貿易相手は世界中に存在している状態です。

精密で優れた製品を作り出すドイツの特徴が貿易関係からも見ることができます。

今後もさらに貿易を広げていくことが予想され、日本にとってもより重要な国になることは間違いないでしょう。

感想・意見をみんなと共有しよう!!



関連記事

このページの先頭へ

Social Media Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
ツールバーへスキップ