「国家的な慢心が戦争を呼んだ」 ドイツ首相の反省 – 東亜日報


時事通信

「国家的な慢心が戦争を呼んだ」 ドイツ首相の反省
東亜日報
第1次世界大戦終結100年を迎えた11日、ドイツのメルケル首相は、「国家的な慢心と軍事的な傲慢が2つの世界戦争を無分別な流血事態に導いた」とし、第1、2次世界大戦に対するドイツの過ちを反省した。ドイツが過去を痛切に反省する姿を見せたのは初めてではない。
「米国第一」に懸念相次ぐ=ファシズム再来も警告―パリ平和フォーラムYahoo!ニュース 個人

all 5 news articles »

感想・意見をみんなと共有しよう!!



関連記事

このページの先頭へ

Social Media Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
ツールバーへスキップ