ウズベキスタン、国営自動車メーカーの生産を強化

ウズベキスタンのミルジヨエフ大統領は8日、国内自動車産業の発展に向け、国営
メーカー、ウズアフトサノアート(Uzavtosanoat)の生産台数を2023年までに現行
の年25万台から35万台へ拡大する目標を明らかにした。部品の国内調達比率も引き
上げる。輸出台数は年10万台以上を目指す。
ウズベキスタンは今年10月に自動車産業の保護措置を廃止し、市場経済への移行を
予定している。ウズアフトサノアートはこれに備え、国産車の魅力・競争力を高め
る必要がある。国外コンサルティング企業の協力を得ながら、生産管理システムの
近代化、生産コストの最適化に取り組む方針だ。
ウズベキスタンでは今年上半期の国内生産台数が前年同期比で54%拡大した。輸出
高は7,300万ドル弱。国内市場の国産車シェアは97%に上った。一方、国産車の国
内部品調達比率は乗用車で45%、トラック・バスで24%と低水準にとどまってい
る。
なお、ウズアフトサノアートと米ゼネラルモータース(GM)との合弁会社GMウズベ
キスタンは今月3日、GMの資本撤退を受けて、社名を「ウズオート・モータース」
に改名したと発表した。

感想・意見をみんなと共有しよう!!



関連記事

このページの先頭へ

Social Media Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
ツールバーへスキップ