トルコの6月インフレ率15.7%に、前月から大幅に低下

トルコ統計局(TUIK)が3日発表した6月の消費者物価指数(CPI)の上昇率は前年
同月比15.7%となり、前年同月(15.4%)以来の低い水準を記録した。インフレ率
の下落は3カ月連続で、前月(18.7%)からは3ポイント低下した。食品や燃料価格
の上げ幅が縮小したことが大きい。過去12カ月の平均インフレ率は19.9%だった。
分野別にみると、構成比重の大きい「食品・非アルコール飲料」の上昇率は前月か
ら9.2ポイント減の19.2%へと縮小した。「運輸(自動車燃料含む)」(10%)は
同2.4ポイント、「住居費・公益料金」(13.8%)は0.9ポイント低下している。
上げ幅が大きかったのは「その他の商品・サービス」(26.9%)、「家具・家庭用
品」(22.5%)、「宿泊・外食」(20.8%)、「アルコール飲料・たばこ」
(19.2%)、「医療」(19%)。小さかったのは「衣類・靴」(4.3%)と「通
信」(5.3%)だった。
同国では昨年、通貨リラの下落を受けてインフレ率が10月に25.2%まで上昇したこ
とから、政府は自動車などを対象とする税軽減措置の延長・拡大を決定してインフ
レ率の引き下げに努めてきた。また、最大都市イスタンブールで先月23日に行われ
たやり直し市長選挙に向けて、政府・与党が小売店に値下げ圧力をかけたこともイ
ンフレ率の低下につながった。
同国の中央銀行は今年の平均インフレ率を14.6%と予測している。

感想・意見をみんなと共有しよう!!



関連記事

このページの先頭へ

Social Media Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
ツールバーへスキップ