ドイツでイスラム論争が再熱 – Viewpoint


Viewpoint

ドイツでイスラム論争が再熱
Viewpoint
念願かなってゼーホーファー氏は第4メルケル政権で内相ポストを得たが、その新内相を前にメルケル首相は「イスラム教はドイツに属する」と発言したわけだ。 それでは、ドイツ国民は再発したイスラム論争をどのように受け止めているだろうか。民間放送RTLとN-TVは今月20日、21日の両日、1003人を対象に実施した世

この記事へのコメント 1

  • Sine のプロフィール写真 Sine より:

    「47%の国民は「イスラム教はドイツに属する」と受けとり、46%は「イスラム教はドイツ社会の一部ではない」と答えていることが明らかになった。イスラム教の受け取り方で国論が2分化している」
    というのわかる気がする。日本がイスラム化と、面倒になりそうだ。特に、無宗教の人には宗教はきつい

    1

感想・意見をみんなと共有しよう!!



関連記事

このページの先頭へ

Social Media Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
ツールバーへスキップ