ドイツ銀とコメルツ銀合併、巨額増資と投資銀圧縮必要-バークレイズ – ブルームバーグ

ドイツ銀とコメルツ銀合併、巨額増資と投資銀圧縮必要-バークレイズ
ブルームバーグ
アナリストのアミット・ゲール氏は、両行の合併が実現すればコスト削減効果があり金融システムに対するシステミックリスクも小さくなるだろうとし、合併後の有形株主資本利益率(ROTE)は2020年に9%前後になり得ると試算した。ドイツ銀単独ではせいぜい2%だという。

感想・意見をみんなと共有しよう!!



関連記事

このページの先頭へ

Social Media Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
ツールバーへスキップ