ドイツ首相が施政方針演説米に反保護主義訴え、対抗措置も – 岩手日報

ドイツ首相が施政方針演説米に反保護主義訴え、対抗措置も
岩手日報
… 【ベルリン共同】ドイツのメルケル首相は21日、第4次政権が14日に発足したことを受け連邦議会(下院)で施政方針演説を行った。トランプ米政権による鉄鋼などの輸入制限発動を23日に控え「米国と対話に努めるが、やむを得ない場合は対抗措置を取らねばならない」と述べ、米政権をけん制、反保護主義に立ち返る

感想・意見をみんなと共有しよう!!



関連記事

このページの先頭へ

Social Media Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
ツールバーへスキップ