メディア大手シュプリンガーに投資会社KKRがTOB

独新聞大手アクセル・シュプリンガーは12日、米投資大手KKRと戦略パートナーシップを締結することで合意したと発表した。KKRの支援を受けて、古典的な新聞社からインターネット企業への脱皮を図る。これに伴いKKRはシュプリンガーを対象に株式公開買い付け(TOB)を実施する。

シュプリンガー株を1株当たり現金63ユーロで取得する。これはKKRの出資交渉観測をシュプリンガーが追認する直前(5月29日)の終値を39.7%上回る水準で、同社を約68億ユーロと評価したことになる。最低20%の確保をTOBの成立条件としている。

同社の過半数株は創業家のシュプリンガー一族など身内が保有している。このうち創業者の未亡人であるフリーデ・シュプリンガー氏(出資比率42.6%)と、同氏が信頼を置くマティアス・デップナー社長(同2.8%)は手持ちの株を今後も保有することから、TOBの対象となる株式の割合は54.6%となる。

シュプリンガーは発行部数がドイツ最大の大衆紙『ビルト』で有名な新聞社。高級紙『ヴェルト』も手がけている。事業のデジタル化に向けた資金が不足していることから、資金力とメディア・デジタル分野のノウハウを併せ持つKKRの助けを借りることにした。

感想・意見をみんなと共有しよう!!



関連記事

このページの先頭へ

Social Media Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
ツールバーへスキップ