ルーマニア石油大手のOMVペトロム、貯蔵インフラ刷新が完了

オーストリア石油大手OMVのルーマニア子会社OMVペトロムは21日、西部アラドにあ
る石油貯蔵施設の近代化が完了したと発表した。これにより、国内貯蔵インフラ刷
新プロジェクトが終了した。
OMVペトロルは、過去12年間でおよそ1億4,500万ユーロを投じて貯蔵インフラの刷
新を進め、全国6カ所に大型貯蔵施設を配置した。アラド石油貯蔵施設近代化への
投資額は1,900万ユーロ。容量は3万2,000立方メートルで、アラド、ビホル、ティ
ミシュ、フネドアラの西部4県の需要に対応する。
OMVペトロムは南東欧最大のエネルギー企業だ。2018年の石油・天然ガス生産量は
5,830万石油換算バレル(boe)に上った。19年第1四半期の純利益は前年同期比
35%増の11億5,000万レウ(2億4,200万ユーロ)に拡大した。
同社の出資構成はOMVが51.01%、ルーマニア・エネルギー省が20.64%、投資ファ
ンドのフォンドゥル・プロプリエターテャが9.99%、少数株主が18.35%となって
いる。(1RON=25.83JPY)

感想・意見をみんなと共有しよう!!



関連記事

このページの先頭へ

Social Media Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
ツールバーへスキップ