ロスネフチ、1-3月期は61.7%増益

生産量ベースで世界最大の石油会社であるロシアのロスネフチは13日、2019年1-3
月期(第1四半期)の純利益が前年同期比61.7%増の1,310億ルーブル(20億ドル)
に拡大したと発表した。原油生産が伸びたのに加え、ドル高によりルーブル建て売
上高が増加したことが主因だ。4-6月期(第2四半期)には純債務の20〜30億ドル削
減を狙う。
1-3月期の生産量は前年同期から3.9%伸びて日量474万バレルに達した。営業利益
(EBITDA)は42.3%増の5億4,800万ルーブルに増加した。純現金収支(フリー
キャッシュフロー)は38.7%増の1,970億ルーブルだった。
ベネズエラの政情混乱で同国石油公社ペトロレオス・デ・ベネズエラ(PDVSA)と
の取引関係に注目が集まっているが、ロスネフチはPDVSAからの石油供給契約に前
払い方式を用いているため、米国の対ベネズエラ制裁の対象とはなっていない。
PDVSAへの債権については、期日通りに原油の形で弁済を受けており、ロスネフチ
の同社に対する債権額は昨年末の230億ドルから3月末には180億ドルに縮小した。
また、イラク・クルド自治区政府に対する債権も順調に減少しており、その額は昨
年末の20億ドルから3月末には14億ドルまで縮小した。(1RUB=1.67JPY)

感想・意見をみんなと共有しよう!!



関連記事

このページの先頭へ

Social Media Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
ツールバーへスキップ