三菱重工傘下の英社、HBISセルビアの転炉更新工事を受注

三菱重工業傘下の英鉄鋼エンジニアリング大手プライメタルズ・テクノロジーズは
16日、中国の河北鋼鉄(HBIS)のセルビア子会社HBISセルビアから、スメデレヴォ
にある製鉄所の第2号酸素転炉(BOF)の更新工事を受注したと発表した。炉体の外
側にあたる鉄皮の容積を拡大して生産能力の拡大とプロセスの改善を図る。工事完
了後の転炉の出鋼量は105トンに拡大する。稼働開始は来年4-6月期の予定。
工事では転炉を動かすための新しい傾動装置や、メンテナンスフリーの支持装置
(「ヴァイコリンク2.0」)などを設置する。転炉の外形寸法は周辺との接合部分
を維持するため変更しない。
HBISセルビアの前身は旧国営製鉄会社のスメデレヴォで、2016年に民営化のため河
北鋼鉄に売却された。同製鉄所では熱間および冷間圧延鋼材、スズめっき鋼板など
を生産している。年産能力は約200万トン。

感想・意見をみんなと共有しよう!!



関連記事

このページの先頭へ

Social Media Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
ツールバーへスキップ