伊エネルが露最大の石炭火力発電所を売却、取引額210億ルーブル

伊電力最大手エネルは20日、ロシアで運営する石炭火力発電所「レフティンスカヤ
GRES」を現地同業のクズバセネルゴ(Kuzbassenergo)に売却することで合意した
と発表した。取引額は明らかにしていないものの、最低でも210億ルーブル(2億9,
290万ユーロ)と見積もられている。ロシア独禁当局の承認を経て、売却手続きが
18カ月以内に完了すると見込んでいる。
レフティンスカヤGRESはロシア中部のスヴェルドロフスク州アスベスト市にある施
設で、総出力は石炭火力発電所としてはロシア最大の3,800メガワット(MW)に上
る。出力300MWの発電ユニット6つと、同500MWのものを4つ備える。現地メディアに
よると、同発電所の取得にはクズバセネルゴのほか、現地投資会社のESNと、中国
の国営エネルギー企業、中国華電集団が関心を示していた。
クズバセネルゴはシベリア南西部のバルナウル市に本社を構える。同地方でベロフ
スカヤ(出力1,260MW)、トム・ウシンスカヤ(出力1,345MW)、ノボクズネツカヤ
(出力297MW)の3発電所を操業している。
エネルはロシアでレフティンスカヤのほか、ネヴィノミスカヤ(南部スタブロポ
リ、出力1,530MW)、コナコフスカヤ(西部トヴェリ、出力2,520MW)、スレドネウ
ラルスカヤ(中部スヴェルドロフスク、出力1,578MW)の3発電所を運営している。
現在は再生可能エネルギーの発電容量拡大に取り組んでおり、5月末には南部のロ
ストフでアゾフスカヤ風力発電パーク(出力90MW)を着工した。さらなるパークの
建設に向けた準備を同地とムルマンスクで進めている。

感想・意見をみんなと共有しよう!!



関連記事

このページの先頭へ

Social Media Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
ツールバーへスキップ