光通信網敷設でドイツテレコムが合弁

電機通信大手のドイツテレコムは21日、独北部のエネルギー・通信事業者EWEと共同で合弁会社を設立することで最終合意した。同国北部・西部地区に光ファイバー通信網を敷設し、最大150万の消費者・企業が高速通信サービスを利用できるようにする。

新会社ノルトヴェストを折半出資で設立する。連邦カルテル庁の承認取得後に同社をEWEの本社所在地オルデンブルクに開設。ニーダーザクセン、ノルトライン・ヴェストファーレン、ブレーメン州に光通信網を敷設していく。ドイツテレコムとEWEは約10年で最大20億ユーロを投資する計画だ。EWEのシュテファン・ドーラー社長は人口希薄地域でも高速インターネットを利用できるようになると意義を強調した。

新会社では設立後2年間、光通信網をどの地域に設置するかを計画。そのうえで敷設を開始する。両社が直接、敷設を行うほか、入札を通して外部企業にも委託する。ドイツテレコムとEWEは敷設事業全体のとりまとめる「ゼネコン」としての役割を果たすと説明している。

早い地域では2020年から光通信を利用できるようになる見通し。顧客の獲得をめぐってはドイツテレコムとEWEおよび他の通信事業者が競い合うことになる。

感想・意見をみんなと共有しよう!!



関連記事

このページの先頭へ

Social Media Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
ツールバーへスキップ