帝人がチェコ車部品メーカーを買収、複合材料事業を強化

帝人は4日、チェコの自動車用複合材料部品メーカー、ベネット・オートモーティ
ブを完全買収したと発表した。欧州における自動車用複合材料事業の強化が狙い。
優れた技術を持つベネットの知見を取り込み、顧客の広範なニーズに対応できるソ
リューション開発を進める。
ベネットはチェコ北部のムラダー・ボレスラフに本社と工場を構えるほか、近郊の
ミロヴィツェと独インゴルシュタットにも工場を持つ。炭素繊維複合材料(CFRP)
やガラス繊維複合材料(GFRP)の成型に強みを持ち、部品の塗装や組み立ても行
う。成型技術では、ポリウレタンを用いた低圧での射出成型技術であるリム成型
(RRIM)などに特徴がある。製品はフォルクスワーゲン(VW)、アウディ、シュコ
ダ、BMW、メルセデスなど欧州の主要自動車メーカーに供給している。従業員数は
約720人。
帝人は2030年頃までに自動車用複合材料事業の売上高で約20億米ドルを実現する目
標を掲げている。

感想・意見をみんなと共有しよう!!



関連記事

このページの先頭へ

Social Media Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
ツールバーへスキップ