情報機関の長官発言巡り 政権危機再燃の可能性も – 毎日新聞

情報機関の長官発言巡り 政権危機再燃の可能性も
毎日新聞
【ベルリン中西啓介】ドイツ政府の情報機関・憲法擁護庁のマーセン長官が極右集団ネオナチによる外国人襲撃の真偽を疑問視する発言をし、メルケル政権内の対立に発展している。国政第2党の与党・社会民主党は発言を極右擁護として辞任を要求する一方、政権最右翼で憲法 …
ドイツ:情報機関の長官発言巡り 政権危機再燃の可能性もニコニコニュース

all 2 news articles »

感想・意見をみんなと共有しよう!!



関連記事

このページの先頭へ

Social Media Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
ツールバーへスキップ