独ZFがセルビア電動車部品工場を稼働、総投資額1.6億ユーロ

独自動車部品大手のZFフリードリヒスハーフェンは12日、セルビア北部のパンチェ
ボで電動車用部品工場の稼働を開始した。電気自動車(EV)とハイブリッド車
(HV)向けに、電気モーター、ジェネレーター、電子制御式ギアボックス、マイク
ロスイッチなどを生産する。当初は300人を雇用し、将来的に1,000人に増やす予
定。総投資額は1億6,000万ユーロを見込む。開所式に出席したセルビアのブチッチ
大統領は「セルビア全体にとって重要な日だ」と話した。
パンチェボ工場はベオグラードの北東14キロメートルに位置する。ZFは昨年6月に
着工し、第1期工事として1億ユーロを投じて施設面積2万5,000平方メートルの生産
棟を建設した。第2期工事では2021年までに面積を6万平方メートルに増床する。
今年2月の報道によると、ZFはこのほか、従業員100人体制で研究開発(R&D)セン
ターを開所することも計画している。
ZFは中東欧ではポーランド、スロバキア、チェコ、ハンガリー、ルーマニア、ロシ
ア、ウクライナ、トルコに拠点を持つ。

感想・意見をみんなと共有しよう!!



関連記事

このページの先頭へ

Social Media Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
ツールバーへスキップ