華為がロシアで5G通信網構築へ、移動通信大手MTSと合意

中国の通信機器大手、華為技術は5日、ロシアで第5世代(5G)移動通信ネットワー
クを構築することで同国の移動通信大手MTSと合意を結んだ。米国の制裁対象にな
るなど世界的な逆風にさらされている華為にとり、ロシアが援軍となった格好だ。
調印は中国の習近平国家主席とロシアのプーチン大統領の会談に合わせて行われ
た。MTSは華為との合意内容について「今年から来年にかけて5G技術を開発し、5G
ネットワークの試験的な運用を開始する」としている。
米国は華為を中国政府の諜報活動の隠れ蓑とみなし、米国企業による同社との取引
を事実上禁止した。また、安全保障を理由に国内の通信網から同社製品を排除する
措置を発表し、米国の同盟国にも同じ対応を求めている。
一方中東欧では、中国からの投資への依存度が高いセルビアなどが同社製品を排除
しない姿勢を明確にしている。

感想・意見をみんなと共有しよう!!



関連記事

このページの先頭へ

Social Media Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
ツールバーへスキップ