長谷部の肘打ち、判定が伏線=ドイツ・サッカー – 時事通信 | ドイツBizGuide

長谷部の肘打ち、判定が伏線=ドイツ・サッカー – 時事通信


時事通信

長谷部の肘打ち、判定が伏線=ドイツ・サッカー
時事通信
フランクフルトの長谷部が後半34分、相手への肘打ちで一発退場となった。ユニホームを引っ張った相手の腕を振り払う際、右肘が相手の顔面に当たった。「明らかなレッドカード。議論の余地もない」。コバチ監督も認めるしかなかった。 後半12分に不運な判定でPKを与え、選手は落ち着きを失っていた。ビデオ判定に持ち込ま

感想・意見をみんなと共有しよう!!



関連記事

このページの先頭へ

Social Media Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
ツールバーへスキップ