高速鉄道ICEで炎上事故、ケルン〜フランクフルト間運行止めに

ケルン発ミュンヘン行きの高速鉄道ICEが12日6時半、走行中に炎上し、乗客5人が軽いけがを負った。事故の影響でケルン〜フランクフルト間のICE路線は少なくとも14日(日)夕方まで閉鎖。両駅間の運行はコブレンツ、マインツ経由となるため、所要時間は最大80分、長くなる。

ボンの南東およそ60キロのディーアドルフを走行中に事故が起きた。計2両の車両で煙が発生して火災に発展。車両は停車し、乗客510人は全員避難した。発煙・発火の原因は不明。

事故で路線、高架線、信号機が故障したため、ドイツ鉄道(DB)は復旧作業を行っている。

感想・意見をみんなと共有しよう!!



関連記事

このページの先頭へ

Social Media Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
ツールバーへスキップ