アンチェロッティ監督 プロ意識のドイツ語習得

Bミュンヘンの現指揮官で、これまでACミランやRマドリードに欧州CLのタイトルをもたらしてきたカルロ・アンチェロッティ監督が、選手にドイツ語の習得を義務付けた…

続きを読む

この記事へのコメント 6

  • Ayano Onozaki のプロフィール写真 Ayano Onozaki より:

    日本人がヨーロッパの言語を勉強するのとは難易度が全く異なるとはいえ、50歳からの外国語習得とは本当に頭が下がりますね。バイエルンミュンヘンはドイツ屈指の人気チーム。これからどうなっていくのか期待です。

    6
  • kisetu-ju のプロフィール写真 kisetu-ju より:

    心意気がすごいと思います。国の言葉になれるということは、直接その人の気持ちがわかる、お互いが分かり合えるということです。彼にとってはふつうのことですが、継続して努力することがすごいことだと思います。見習いたいものです。

    4
  • jpeg2016 のプロフィール写真 jpeg2016 より:

     がんばりやさんだけど、人それぞれだから

    3
  • まいける のプロフィール写真 まいける より:

    たとえ通訳に頼ることはあっても、やはり就任国の言葉は話せるようになるべきです。日本のサッカー選手たちもそのように努力をしています。特に代表監督の場合には、相手にする選手は全て就任国の国民ですから、その国の言語でコミュニケーションするように務めるのは仕事の一部でしょう。ハリルホジッチにも努力してほしいですね。

    3
  • kimura12548 のプロフィール写真 kimura12548 より:

    素晴らしい姿勢ですね。見習いたいです。

    1
  • ゆうちゃん のプロフィール写真 ゆうちゃん より:

    いろんな考え方があると思いますが、チームプレイだから共通言語がないと難しいでしょうね。頑張って欲しいです。

    0

感想・意見をみんなと共有しよう!!



関連記事

このページの先頭へ

Social Media Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
ツールバーへスキップ