働き方改革、ドイツに学ぶべき点はここだ

安倍政権が「働き方改革」に力を入れている。日本人の長時間労働にメスを入れ、生産性を向上させるのが狙いだという。この点で日本の先を行くのがドイツだ。日本より労働時間が短く、生産性は高い。なぜこれが可能になったのか。在独ジャーナリストの熊谷徹さんにその秘密を解き明かしてもらった…

続きを読む

この記事へのコメント 6

  • Sine のプロフィール写真 Sine より:

    日本ではまず、企業側の意識を変える必要がある。「残業が多い社員は、会社への忠誠心がある」という考え方は過去のものにすべきだ。社員を査定する時は、「長時間残業して成果を上げた社員」よりも、「残業をせずに成果を上げた社員」を高く評価するようにする。
    そして、効率よく働くという考え方は、日本も見習うべきです。
    ドイツは、よく学びよく遊べという考え方があるようです。
    また、日本はあまりにも休暇が短い。これでは、家族を作ったり子供を作ろうなんて思う人が減って当たり前ですね。今の日本の働き方だと、独身で十分です。
    日本の様に長時間労働当たり前、有給は取らないのが美徳という陰々滅々たる労働環境では「誰もやる気など出さない」し「本気など出さない」のです。
    ドイツでは仕事が残ってても休みます。
    「ドイツでは部下に有給休暇を取らせる事の出来ない上司」は「管理者として管理が悪い」との評価を下されるそうです。
    日本ではなくてヨーロッパに生まれたかったなぁ。

    6
  • Rakkan のプロフィール写真 Rakkan より:

    都庁が今月か来月から半ば強制的に残業をやめさせようとする方針を発表し、一部で反感を買っていた。仕事の時間がなくなる、自宅でサービス残業になると。
    これではドイツに追いつけるわけがない。バブル期から何十回も耳にした言葉だが、長く働けば偉いなんていう昭和期前半のような考えは、さっさと消えてなくなってほしい。
    ただ、ドイツ水準まで引き上げるには改革どころじゃ済まない荒療治が必要だろう。GHQが来た直後のような変革をもたらさないと、日本の労働の根幹が変わることは決してありえない。

    3
  • まいける のプロフィール写真 まいける より:

    日本の労働改革の鍵は中間管理職です。日本の労働生産性の低さは中間管理職の多さが原因です。日本では実際に稼働する現業から経営層までの中間管理職が多く、大抵現業と同じだけの工数を消費しています。そしてこれら中間管理職の、大抵は現業よりも高い給与は固定費として計上されます。これは政府から中小企業まで生産に殆ど寄与しないただのコストです。ところが業績が悪くなるとコストカットと称して、現業の工数もカットしてしまうので、生産力を落としてしまいます。この繰り返しが日本の労働生産性を悪化させてしまったのです。

    2
  • ren misaki のプロフィール写真 ren misaki より:

    もう、何も考えることなく明日のために必死で労働していますが、これですね。

    1
  • あい。 のプロフィール写真 あい。 より:

    定時で帰る人よりも、残業をする人の方が会社に貢献している。日本では、こんな見方がされてますが。
    自分の仕事が残っているにも関わらず、それを他の人に頼んで帰るのは論外ですが。
    そうではなく、自分の仕事が終わっていても他の人が仕事中だと、一緒に残っていなければ気まずい。
    そんな間違った風潮が残業代だけが増える、日本の効率に結びつかない長時間労働に繋がったのだと思います。
    有給休暇も、取っているだけでサボっているかのようなイメージも付きまといますし。
    根本的に、間違ってるのだと思います。

    1
  • supipi のプロフィール写真 supipi より:

    よくドイツは休暇がたくさんあってうらやましいという話を聞きますが、日本の祝日の数はドイツより多いし、ドイツには振替休日はありません。
    お盆休暇や年末年始の休暇を加えると、会社員の場合はそこまで大きな差がないと思います。
    私がいたNRW州の例で2016年の比較をざくっとしてみると、
    ドイツ: 有給30日+祝日9日=39日
    日本: 有給14日+祝日16日=30日+お盆・年末年始休暇
    しかも日本の場合、祝日やお盆・年末年始には会社全体が動いていないので、ドイツ人には「日本人はよく休んでるね」と言われてました。
    日本では有給休暇が取り辛い背景はあるものの、祝日を増やす方法では、サービス業などの祝日が関係ない業種の人が休めず不公平が生じます。 労働時間が長くなる一因はここにもあると思います。
    このためドイツでは祝日を減らして有給休暇を増やす政策を取りました。 そして企業に対しては徹底して従業員に有給休暇を取らせる義務を課しました。
    日本でも政府主導でこの改革をやって欲しい、いや絶対やるべきだと思ってます。
    好きな時にまとまった休暇を取れる方が確実に心身のリフレッシュになります。

    1

感想・意見をみんなと共有しよう!!



関連記事

このページの先頭へ

Social Media Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
ツールバーへスキップ