大学生のストレスは社会人より深刻? 最多は農学の女子学生

公的健康保険組合AOKの委託で、ポツダム大学とホーエンハイム大学が実施した意識調査で、大学生が社会人よりもストレスを感じている割合が高いことが明らかになった。同調査は、国内1万8000人の大学生にアンケートを行ったもので、それによると大学生の53%が深刻なストレスを訴えており、一般市民の50%よりも多かった…

続きを読む

この記事へのコメント 6

  • Sine のプロフィール写真 Sine より:

    日本では、大学生の時期が一番自由で、好きな勉強やアルバイト、サークル、ビジネス展開などできるのだけれど。私は、高校の時が一番苦痛だった。四六時中テスト、テストで、テストに追い回され、朝は早く帰りは遅かった。時間はないし自分で考える暇はないし、先生の絶対王政だし、本当に苦痛だった。大学以降の方が断然自由だし、好きなことができる。でも、自由が与えられる反面、自己責任だが。

    2
  • Zenn のプロフィール写真 Zenn より:

    「農学や森林学の女子学生」日本ではいるのかな?大学生が感じるストレスと社会人のそれとは内容や質が違ってて、そもそも比較できる対象ではないような気もします。日本では明らかに大学生がお気楽ですね。

    2
  • 日本の大学に比べると(特に文系学部)過酷そうですね。日本だと理系は研究に次ぐ、研究で大変ですが。

    2
  • Ayano Onozaki のプロフィール写真 Ayano Onozaki より:

    うーん、前の方もコメントされてますが、ストレスの質が違いますね。たしかに学生は将来が見えない、これから選択していく必要があるために不安やストレスが多いかもしれません。ドイツなんかは大学卒業の年が決まってなくて望めばいつまでも在籍できるし学費も安いので、「勉強に追われて追われて」というようなストレスはあまりない気がします。もちろんすごく頑張ってる人もいますけどね…

    1
  • kisetu-ju のプロフィール写真 kisetu-ju より:

    農学や森林学がといいますが、日本でも多くの大学生もそれぞれが多くの悩みを抱えていることだと思います。

    1
  • kimura12548 のプロフィール写真 kimura12548 より:

    ストレスの質が違う。全くその通りですね。

    1

感想・意見をみんなと共有しよう!!



関連記事

このページの先頭へ

Social Media Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
ツールバーへスキップ