20万人を束ねる女性幹部からの助言は「男になるな」

今、世界中が注目する自動運転車。トップを走る企業の1つがドイツのコンチネンタル社です。過去15年で100社余りのM&A(合併・買収)を実施し、自動ブレーキや情報解析など自動運転車に必要なさまざまな技術を有しています。そのコンチネンタル社で人事担当役員として活躍しているのがラインハルトさんです。男性主体の自動車業界で、社員20万人を束ね、ダイバーシティを推進するラインハルトさんに、日本の働く女性へのアドバイスをお聞きしました…

続きを読む

この記事へのコメント 4

  • Ayano Onozaki のプロフィール写真 Ayano Onozaki より:

    この考え方と、ラインハルトさんの働き方は非常にかっこいいですね。女性目線で。
    日本ではまだまだ雇用面で男女平等とは言い難く…社会が女性のあり方を限定してしまってる要素があるかと思いますが、今後ますますグローバル化するにつれて変わっていくことでしょう。

    5
  • Sine のプロフィール写真 Sine より:

    女性には、女性しかできないことがある。
    男性は、物事を一極集中する傾向があるが、女性が幅広い観点から物事を見ることができる傾向にある。
    もちろんこれは平均的な話ではあるが。
    男性には男性の強み、女性には女性の強みがあるから、それぞれの個性を生かして仕事をすればいいと思う。

    3
  • ren misaki のプロフィール写真 ren misaki より:

    良いですね。私も見習います。でも、これからどんどん女性は進出していくと思います。結果が出れば自ずと周囲の理解も深まっていくのではないでしょうか。頑張りどころですね。

    2
  • mmmmsmsm のプロフィール写真 mmmmsmsm より:

    日本でも少しずつ、女性の管理職が増えていますが、入社当初から管理職になる事を見越して教育を受けているのは男性社員が多いので苦労しているように見えます。
    入社時から、男女平等の教育が、必要だと感じます。私は男ですので得をしていると思います。
    私より優秀な女性は会社にいっぱいいますよ。

    ですが日本企業のダイバーシティの認識が女性登用に偏っているとも感じます。
    管理職に占める女性の割合の数値を競っているのでしょうね。

    0

感想・意見をみんなと共有しよう!!



関連記事

このページの先頭へ

Social Media Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
ツールバーへスキップ