ドイツの鴎外記念館、改修費用ピンチ 支援呼びかけ

 明治の文豪、森鷗外(1862~1922)が留学したドイツにある記念館が、常設展を30年ぶりに一新するため、改修を進めている。

続きを読む

この記事へのコメント 8

  • Zenn のプロフィール写真 Zenn より:

    クラウドファンディングできないでしょうか?日本とドイツに記念館があるのなら、何かプロジェクトを起こして資金を集められそうな気がします。「Motion Gallery」あたりが自分としてはおすすめです。

    5
  •  のプロフィール写真 okoni より:

    森鴎外の作品、特に『舞姫』は日本文学を学んでいる学生の中でも人気が高いと聞きました。新たな側面を見られる展示が彼らの探究心を満たせるようなものであることを願います。日本からの支援は出来ないのでしょうか。

    4
  • まいける のプロフィール写真 まいける より:

    これこそ外務省が大使館を通じて費用負担するべきでしょう。もしくは文科省でもよいかもしれませんが。
    政府のくだらないPR冊子を高い予算でつくるよりもよほど有効な予算の使い途だと思います。

    3
  • 創聖 中川 のプロフィール写真 創聖 より:

    森鴎外の小説は個人的に好きです。ドイツにも記念館があるのは少し驚きました。早くなおしてほしいものですね。

    2
  • miz のプロフィール写真 miz より:

    ドイツにも鴎外の施設があったんですね。
    この修復にも日本からの支援ができるとまた違うと思います。
    もし、日本から支援する場合、今の日本からどのくらい支援できるのかにも興味があります。

    2
  • Ayano Onozaki のプロフィール写真 Ayano Onozaki より:

    ドイツだけでなくヨーロッパでは建物を改修して長く使うのにお金がかかりますもんね。
    なんとか支援できたらいいですね。

    1
  • ゆうちゃん のプロフィール写真 ゆうちゃん より:

    ここを訪れた時、決して大きな施設ではないけど、昔の日本人がドイツに来る意気込みとかどれだけすごいことだったかをとても感じました。電車からこの記念館の鴎外の文字が見えるとなんかホッとします。十分に資金が集まると良いなと思います。

    0
  • kisetu-ju のプロフィール写真 kisetu-ju より:

    森鴎外がドイツにあるなど初めて知りました。きっと森鴎外のほかにも世界と繋がろうとした日本人はたくさんいるのだろうと思います。文学で繋がるなんてすごいことですね。
    資金が集まり修繕できたらと思います。

    0

感想・意見をみんなと共有しよう!!



関連記事

このページの先頭へ

Social Media Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
ツールバーへスキップ