「日本型教育」は世界で類を見ないほど平等だ

教育は国家の根幹を成している。国の行く末は、教育にかかっているといっても過言ではない。だからこそ国は、教育をよりよくすべく試行錯誤する。日本も、脱「ゆとり教育」を試みたり、英語教育に注力したりと、模…

続きを読む

この記事へのコメント 8

  • supipi のプロフィール写真 supipi より:

    良い記事ですね。
    私も同じ主張をドイツ人の教育者にぶつけたことがあります。(ドイツ語の口頭試験だったんですけどね)
    とても真剣に聞いてくれて大きく頷いていました。試験はそっちのけで質問攻めにあったほどです(笑)
    日本の教育はもう少しディスカッションを増やして自分の意見を言う訓練はしたほうがいいかなと思いますが、概ね優れていると思います。

    4
  • Ayano Onozaki のプロフィール写真 Ayano Onozaki より:

    ドイツの進路決定にはかなり驚くことも多かったですね。途中で進路を変えたくなることもあろうに。
    けれど日本見たく「大学卒業したら就職、定年まで働く」というモデルばかりの人でないので、いつからでも学びたいことを学べる環境があると思います。30代以降の大学生もざらにいるからすごいなと思います。

    4
  • あい。 のプロフィール写真 あい。 より:

    人にはそれぞれ、個性とか適正というものがあるので。
    みんなそろって、理解できなくちゃいけない、というのは。一見平等で優しくみえますが。でもかえって不平等でヒドいのかも。
    だから、不平等な教育でなく。適性に合った教育を、それぞれに施すことが出来れば。
    あらゆる業界において、すぐれた未来の人材を育てることが出来ると思います。

    3
  • 創聖 中川 のプロフィール写真 創聖 より:

    日本は教育も終わってるし、世界基準からかなりおくれていますよね。英語の勉強なんて何年もやっているのでまともに話せる人がいないですからね。

    2
  • ありさ のプロフィール写真 ありさ より:

    学生の聞いてる姿勢から違いますよね。授業中に寝るなんてあり得ないらしいです。真剣に将来を考えているし…日本人がいい加減なだけかもしれませんが。

    2
  • かすたーど のプロフィール写真 かすたーど より:

    日本の教育は批判すべきところばかりではないとわかりました。他の国のいいところを吸収していけるといいですね。

    2
  • kisetu-ju のプロフィール写真 kisetu-ju より:

    日本の詰め込み教育やゆとり教育が悪いわけではなく、ドイツの教育方法もあるということです。日本の子供たちも親や周りの取り巻く環境で早いうちから専門性を考えた進路へ進むことも一つの道になると思います。小学校、中学校、高校へと一貫教育をする教育システムも増えてきています。詰め込むのではなく、ゆとりという言葉と使うとしたら、将来進みたい道があるとしたら、小さなうちから知識をつけることが大切でそのために自由に学ぶことを選択してもよいと思います。

    2
  • ゆうちゃん のプロフィール写真 ゆうちゃん より:

    時代も変わってきてはいるでしょうが、日本は平等だと感じます。教育もある程度の水準は保てるんだと思います。ドイツではやはり移民や外国人などバックグラウンドが違いすぎて全て同じにするいうのは難しいと思います。高学歴の人にリスペクトはあるように思う反面、学歴が低くても誇り高く生きているように思います。社会の違いで正解はないと思います。

    1

感想・意見をみんなと共有しよう!!



関連記事

このページの先頭へ

Social Media Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
ツールバーへスキップ