独ミニジョブ労働者、時給が最低賃金以下

ドイツの「ミニジョブ」制度で働く人の半数近くが、2015年に法定最低賃金さえ支払われていなかった。ハンス・ベックラー財団経済社会研究所(WSI)の最新調査で、このような結果が明らかになった。

続きを読む

この記事へのコメント 5

  • hirokin888 のプロフィール写真 hirokin888 より:

    日本も業務委託のような形態で同じような問題もありますね。世界的に労働環境は一層厳しくなりそうだ。今、NHKでフリーランスの賃金の問題を取り上げていた。

    1
  • まいける のプロフィール写真 まいける より:

    ミニジョブというのがどういった仕事があるのか不明ですが、これはミニジョブという制度が先にあってその後法定最低賃金が導入された結果ミニジョブをしている人が下回ってしまったというのか、ミニジョブは法定最低賃金の対象外だというのかよくわからない記事です。
    日本では地域毎に最低賃金が決められていて基本的にはアルバイトもパートもそれ以上での契約となります。しかし、クラウドソーシングなどではプロジェクト単位での契約になっているため、実質的にはそれ以下のものがほとんどです。童話作家の西野さんが、絵本の仕事をクラウドソーシングでいろいろな人に発注してつくったことが美談のように取り上げられていましたが、実際にはとんでもない安いコストで人を使って絵本をつくったというのが実態だと思われます。

    1
  • supipi のプロフィール写真 supipi より:

    月収450ユーロ以下で時給8.5ユーロということは、実働日数を20日と仮定すると一日に2.64時間しか仕事が出来ないわけですね。
    以前職場でミニジョブの人がいましたが、450ユーロを超えられないのでどうしても外せない仕事があると別の日に休んでもらったりで調整してました。 週に三日くらい半日で来ていただいてたと思いますが調整が大変な時もありました。 
    法定最低賃金を上げるなら、ミニジョブの上限も上げないといけませんよね。 上限が低いから時給が下がっているのだと思います。

    1
  • 創聖 中川 のプロフィール写真 創聖 より:

    これは今の日本で早速やるべきだと思います。ドイツでもこいうことあるんですね。

    0
  • iudex のプロフィール写真 iudex より:

    ミニジョブ探し中なのでとても参考になりました。月10日働く感じで、一日の仕事時間は5時間程度だと時給8.5ユーロ!!
    そんな仕事あるのか・・・?! 

    0

感想・意見をみんなと共有しよう!!



関連記事

このページの先頭へ

Social Media Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
ツールバーへスキップ