ガブリエル出馬辞退が象徴する、SPDの苦悩

1月24日に、メルケル政権のジグマー・ガブリエル副首相(社会民主党=SPD)が行った発表は、ドイツの政界を驚かせた。彼は今年9月の連邦議会選挙に首相候補として出馬しないことを明らかにしたのだ。

続きを読む

この記事へのコメント 4

  • supipi のプロフィール写真 supipi より:

    SPDはシュレーダー首相の時に大不評を買ってからズルズル後退してますよね。
    日本の某野党と似てるような。

    2
  • ありさ のプロフィール写真 ありさ より:

    確かに厳しいかもしれないですし、仕方ないかもしれませんね。

    1
  • 創聖 中川 のプロフィール写真 創聖 より:

    失敗が続いたんなら仕方がないことですね。

    0
  • Ayano Onozaki のプロフィール写真 Ayano Onozaki より:

    首相よりブンデスカンツラー方がドイツでは力を持ってますが、この選挙もあるんですもんね。今年はヨーロッパにとって怒涛の年になりそうです。

    0

感想・意見をみんなと共有しよう!!



関連記事

このページの先頭へ

Social Media Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
ツールバーへスキップ