トランプが貿易不均衡でドイツに宣戦布告、狙いはEU潰しか

トランプ政権で貿易政策を担当する国家通商会議のナバロ委員長は対中強硬派として知られるが、今週、名指しで批判したのはドイツだった。不当なユーロ安で暴利を貪っているというのだ。ナバロの批判は、ユーロ圏の…

続きを読む

この記事へのコメント 5

  • 創聖 中川 のプロフィール写真 創聖 より:

    トランプはかなりの強気ですね。中国に対してもですが。あまりにも大統領令を出すのにはびっくりしました。IT系の企業も反発していますし。結局は政策支持のほうが上でした。副大統領なんかもかなり過激思想を持っています。

    4
  • Sine のプロフィール写真 Sine より:

    アメリカは、経済力や軍事力は世界でダントツトップの座にある。
    だから、好き勝手に発言することができる。
    人に対して、好き勝手にものを言いたければ、力を持っていればいいということですね。

    3
  • まいける のプロフィール写真 まいける より:

    ユーロのレートはEU全体の関係で決まるので、どうしても産業の力が強いドイツに有利に働きます。ここはEUがもともと包含している問題点であって、EU内でもその調整にいつも苦慮しているようです。そこを攻撃しようとするのは少し子供じみていると言わざるを得ません。結局そのような経済的なギャップを利用して莫大な利益を稼ぎ出しているのは、アメリカの金融資本です。今のアメリカは自制することをやめてしまっているようですが、トランプはアメリカがよければよいというだけでその先にどんな世界を目指すのかというビジョンがありません。アメリカが一人勝ちした後に果たして何が待っているのでしょう。

    3
  • ありさ のプロフィール写真 ありさ より:

    アメリカは新政権になって色々な国を名指しで批判している印象があります。

    2
  • Ayano Onozaki のプロフィール写真 Ayano Onozaki より:

    他国批判がトランプ政権の政策なんでしょうね。他国協働がなければすぐ潰れる気もしますが。ドイツは選挙も控えてますしかなり警戒してるし、かなり経済が動きそうですね

    1

感想・意見をみんなと共有しよう!!



関連記事

このページの先頭へ

Social Media Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
ツールバーへスキップ