省エネは地域づくりと人口増につながる――ドイツの事例紹介

 省エネは、子供や人口が増える地域づくりにつながる――。9日、長野市で開いたセミナーで省エネ事業などの専門家が「省エネは単なる節約ではなく、新たな街づくり、村づくりのきっかけになる」とドイツの実例を紹...

続きを読む

この記事へのコメント 5

  • Ayano Onozaki のプロフィール写真 Ayano Onozaki より:

    ドイツをモデルに環境改善が語られることは多いですが、この発表の方向性はすごく面白いですね。
    省エネ住宅はドイツで驚くほど普及しています。中には環境を思うあまり、冬は極端に日照時間が少ないのに太陽光発電パネルを取り付ける家庭も意外とたくさんいます。日本人ももっと環境について考える機会が欲しいものですね

    3
  • 創聖 中川 のプロフィール写真 創聖 より:

    ドイツはやはりエコに関しては超一流ですよね。取り組みが素晴らしいです。日本もこれをまねしなければならないと思います。

    1
  • ありさ のプロフィール写真 ありさ より:

    ドイツのエコに対する取り組みは凄いですね。意識の差も感じます。

    1
  • あい。 のプロフィール写真 あい。 より:

    省エネは、設備投資とか元がかかるかもですが。確実にエネルギーを減らせる事によって、元が取れるので。
    頑張って、取り組んで行けたら良いと思います。

    1
  • kisetu-ju のプロフィール写真 kisetu-ju より:

    新築を立てたがる日本とくらべ、ドイツは改築や増築などを優先するというのは文化の違いなのかと思いました。
    確かにエネルギーをむだに使うことがあるでしょう。省エネをすることでお金が残る。単純に考えれば当たり前のことですが、コツコツ地域のみんながやることで大きなお金になるのですね。

    0

感想・意見をみんなと共有しよう!!



関連記事

このページの先頭へ

Social Media Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
ツールバーへスキップ