ドイツ経済、消費主導の成長続く見通し=財務省月報

ドイツ財務省は23日、月報を公表し、国内経済は好調で、今年は記録的な高就業率、実質賃金の上昇、超低金利を背景に、消費主導の成長が続く公算が大きいとの見方を示した。 同省は「ドイツ経済は堅実な成長の…

続きを読む

この記事へのコメント 2

  • まいける のプロフィール写真 まいける より:

    ドイツ経済の好調さは日本から見ればうらやましいところですが、これは多分にECBの政策による超低金利の恩恵もあります。本来ならドイツの金利は上昇していなければならないのですが、EUの他の国の景気が浮揚しないために金利を引き上げられず、それが結局ドイツの消費を拡大してさらにドイツ経済を上昇させるという循環になっています。日本も超低金利を継続していますが、産業全体の競争力が衰えているためにテコ入れしても景気が浮揚しません。今やEUにおけるスペインのようにアジアのお荷物になりそうです。

    0
  • Ayano Onozaki のプロフィール写真 Ayano Onozaki より:

    ドイツ経済、昨年の色々な障害もあってリスクも囁かれてましたが、かなり強いですね。さすが逆境に強い国…

    0

感想・意見をみんなと共有しよう!!



関連記事

このページの先頭へ

Social Media Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
ツールバーへスキップ