ドイツ中国に急接近。隠しきれなくなってきたEU焦燥感

イギリスの離脱を期に、ますます不安定な様相を呈しているEU。先日掲載の記事「トランプが「口撃」開始。現実味を増してきたEU崩壊のシナリオ」で、実際にEUのトゥスク大統領がトランプ政権を警戒していることはお…

続きを読む

この記事へのコメント 3

  • まいける のプロフィール写真 まいける より:

    ドイツは歴史的にも常に中国と仲良くしてきました。フォルクスワーゲンはだれも見向きもしないころから中国と合弁企業を立ち上げサンタナをライセンスしました。一時期は中国のクルマといえばサンタナというような時もありました。今でもVWにとって中国は最重要市場です。アメリカではVWは売れませんが中国では売れています。なぜ不正をしてまでアメリカに売ろうとしたのか不思議なくらい中国でよく売れています。

    1
  • kisetu-ju のプロフィール写真 kisetu-ju より:

    EU離脱のイギリス、国交が非常に難しくなっていることが良くわかります。アメリカも焦っているのでしょうか?ドイツと中国の関係が良い関係なら今後も国交もいい関係でいられることでしょう。

    0
  • 創聖 中川 のプロフィール写真 創聖 より:

    このままだとアメリカ&イギリスvs中国&ドイツになりそう。戦争も起こる可能性も否定できません。もしそうなったらロシアがついた方に勝敗はつくでしょう。

    0

感想・意見をみんなと共有しよう!!



関連記事

このページの先頭へ

Social Media Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
ツールバーへスキップ