BMWが中国合弁への出資比率拡大で合意

高級車大手のBMWは11日、華晨中国汽車(ブリリアンス)との合弁契約を22年延長して2040年までとするとともに、同合弁への出資比率を従来の50%から75%に引き上げることで合意したと発表した。合弁設立15周年記念に合わせて調印した。

両社と瀋陽市は合弁会社BMWブリリアンス・オートモーティブ(BBA)を2003年、瀋陽に設立した。出資比率はこれまでBMWが50%、ブリリアンスが40.5%、瀋陽市が9.5%だった。中国国務院(中国政府)は7月時点で、BMWが出資比率を最低でも75%まで引き上げる方向で交渉していることを明らかにしていた。

BMWは今回、BBAが今後、瀋陽市内に分散する拠点に総額30億ユーロ超の投資を行うことも明らかにした。最大の目玉は鉄西区の既存工場敷地内に新たな組み立て工場を建設するというもので、鉄西工場の生産能力を倍増。BBAの組み立て工場は計3カ所となり、同合弁の生産能力は現在の40万台から65万台へと拡大する。

BMWは既存2工場の生産能力を来年、52万台へと拡大することを7月に明らかにしたばかり。第3組み立て工場の新設により、さらに13万台引き上げることになる。

同社は電気自動車(EV)「BMW iX3」を20年から瀋陽市大東区にある工場で生産することも明らかにした。同モデルはすべて中国で生産。同国のほか国外にも出荷する。

感想・意見をみんなと共有しよう!!



関連記事

このページの先頭へ

Social Media Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
ツールバーへスキップ