LiDARのヘッドランプ搭載で小糸が独社と協業

小糸製作所は21日、光を用いた測定技術であるLiDAR(ライダー)のヘッドランプ搭載に向けて独スタートアップ企業ブリックフェルトと協業すると発表した。小糸の自動車照明技術とブリックフェルトのLiDAR技術を組み合わせることで、LiDARをヘッドランプの統合部品として車両に搭載できるようにする。

ブリックフェルトは2017年にミュンヘンで設立された。自動運転やIoTに対応できる最新のLiDAR技術を提供している。同社はLiDARの小型化技術を持っており、自動車メーカーは同社製LiDAR搭載の自動車照明を採用することで、デザインを変更することなくRiDARのセンサー機能を車両に投入できるようになる。そうした照明は先進運転支援システム(ADAS)や自動運転システムでの採用が期待できることから、小糸はブリックフェルトと手を組んだ。

感想・意見をみんなと共有しよう!!



関連記事

このページの先頭へ

Social Media Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
ツールバーへスキップ